1人息子とのドタバタな毎日の記録♪

by isaisa0108

ボンジュール・パリ

スイスのローザンヌというレマン湖畔の町(IOC・国際オリンピック委員会がある街)からフランス新幹線T・G・V(テージェーベー)に乗って3時間半ほどでフランス・パリのリヨン駅に到着。 旅では飛行機に乗ったり船にのったりしますが、列車のたびもなかなかよろしいものです。日本の新幹線と違うところは座席が固定式(回らない)ことと、車内販売がないこと(カフェテリアはある)、あと一応形だけの入国審査があることくらい(うちら日本から来ましたえ~、というとパスポート要りませんと言われました。安全な国からきた安心な人のパスポートは一冊200万円!みなさん大切に)。 フランスのほかにベルギー行きもありますね。 あと英仏海峡を通るユーロスターもなかなかよろしいです。どれものんびり走っているような気がする。 
f0038407_23181482.jpg

はい、これがT・G・Vの車両。ハートマークがトレジュリ(かわいい)。
f0038407_23192637.jpg

ローザンヌ駅舎。良く見るとオリンピックマークが付いてます。

無事にリヨン駅到着~。 パリでございます!パリにはいくつかの駅がありますが、このリヨン駅は主にスイスからの列車が着く駅。その雰囲気まるで映画のワンシーンのようです。大人の国フランス。
f0038407_23215392.jpg

ポーターさんと共に私は遊園地のガタゴト走る電車みたいなのに乗ってスーツケースを引っ張って走ります。これ、すごい楽しかった!役得?
さっそくバスに乗って駆け足の市内観光へ出発~!
まずはノートルダム大聖堂。ここはすばらしいステンドグラスがあって、あのナポレオンが戴冠式をした有名な場所。ちなみにみなさん、ノートルダムって「私達の偉大なるお母さん」っつー意味って知ってました?つまり聖母教会という意味でフランスではあっちこっち(でっち:関西人はここで笑う)にあるんですよ。今回は下車観光なので外から写真を撮るだけ。本当は20分くらい歩いて来ないといけない場所なのですが、「時間がない!」とガイドさんの一声でなんと真横にバスをつけて瞬間下車。観光も体力勝負なのでございます。
f0038407_23284154.jpg

昔は文字を読めない人が多かったのでほとんどの教会・大聖堂の表玄関はキリストさまの教えが彫刻で表されています。悪いことをすると死んだら地獄行きだっせ~、だんな...みたいな。
次はエッフェル塔~
f0038407_2331440.jpg

ここも下車して写真ストップ。あまりに時間がなくお客さんのシャッターを押してたら自分のデジカメに収めるのを忘れてた...ちょっと遠めから次の日に写しました。夜になるとライトアップして9時とか10時とか決まった時間になるとキラキラするの。素敵でしょ~
凱旋門をチラッと冷やかし、シャンゼリゼ通り(L・V本店新装オープンしてましたよ)を通り、そのままレストランへ渋滞の中を向かい、お決まりのかたつむり、あ、エスカルゴをいただきました。これおいしいのよ。一番近い味は『サザエ』ですね。ほとんどの人が全部平らげてしまいます。
f0038407_23344822.jpg

f0038407_2335573.jpg

この巨大な建物はルーブル美術館でございます。モナリザ・サモトラケのニケ・カナの婚礼・ミロのビーナスなど等世界の宝物が詰まってます。入館料は8.5ユーロ。一日のうちなら何度でも出入り自由。模写もお好きにどうぞーってな感じ。子供達も先生の説明を床に座って聞いてます。18歳以下は無料!失業者も無料!毎月第一日曜日は無料!午後3時以降は半額近くなるなど、フランス政府って太っ腹~&うらやましい

今回わたしが唯一フリータイムをとれると楽しみにしていたパリ♪でも落とし穴が~。モンサンミッシェルのオプショナルツアーにお客さんをご案内しないといけなくなりました。ぐっすん。フリータイムの計画がガラガラと音を立てて崩れていく...せっかく小林かなえさん(わたしがお菓子を習っていた先生)のパリ本を買ってあれこれ予定を立てていたのにい~。仕方がないわ、お仕事だもん。ということで、次の日は750キロを走行するという超過酷スケジュールでノルマンディー地方まで行ってきまーす。
[PR]
by isaisa0108 | 2006-04-03 23:52 | フランス