幼稚園生の1人息子とのドタバタな毎日の記録♪

by isaisa0108

怒涛のごとく...

はーい、みなさん!やっとのことでPCの修理が終わりました。長かった日々。。これからは落っことさないようにしまーす。
では、もう1週間前になるけれど、駆け抜けた3カ国7日間の様子をお伝えしましょう。(早くしないと記憶が遠のく...)

今回の7日間「ヨーロッパ初めて」というお客様が大半。 なにせ1週間でドイツ・スイス・フランスを見られるわけだ。しかもこのお値段で(15万円でおつりがくる)。 きっと1ヶ月も有給休暇があるヨーロッパ人が聞いたら卒倒するだろうな。 もしくは「いいねー、この町に7日間もいられるの?」と、さも当たり前のように聞いてくるだろう。 おっほん、ジャパニーズ・ツーリストに不可能という文字はないのさ。 ではさっそく第一の訪問国のドイツから~

成田からフランクフルトまでひとっとび。今日も安心あったか明るく元気な『全日空』のご利用、ありがとうございます!あー、なんて楽チンなのかしら、言葉が通じるって。おかげで私は寝不足なぞなんのその。 パーソナルテレビで映画ウォッチングさ。 あとはZzzzz。。。

次の日はハイデルベルクの観光。 ずいぶん明るくなる時間が早くなった気がするな。緯度が高いヨーロッパは夏と冬の日照時間が大きく違うので、観光も日の出・日の入りの時間を気にしながら進めていかないといけないのよね。 お天気もいいなか、ハイデルベルク城へ。 門の入り口では「水仙」や「クロッカス」のお花が咲き始めている...まだ2月なのに。 地球温暖化はこうして世界を回っているとつくづく実感するのです。 
f0038407_18104613.jpg

ハイデルベルク城。 このお城に来るたびに「ヨーロッパ研修」を思い出してしみじみと物思いにふける私。。。
旧市街も駆けるように見学したあとは『古城街道』を通って『ロマンチック街道』にあるローテンブルクへ。なんかややこしい? 私もヨーロッパ添乗を始めたころはよーく間違ってマイクで堂々と話をしていました。「ハイデルブルク」やら「ローテンベルク」やら何やらかんやら。。添乗員でさえこうなのだから、お客さんはもっと「」な感じだったことだろう。あとは「笑顔」でカバーしてたよなー。 今はそのフレッシュな笑顔も武器として使えなくなりましたので、きちんと正しくマイクでお話しています...。

f0038407_18175291.jpg

ローテンベルクローテンブルクでのランチ。 この丸っこいものは「じゃがいも」(ドイツですね!)を使ったジャガイモ団子。もちもちしておいしいの。 あとは手打ちのパスタね。これもモチモチ。
街はドイツ風の木骨組の家が立ち並んでいて、まるでおもちゃ箱のよう。 ここでは名物のお菓子「シュネーバル」を購入。
f0038407_18485069.jpg

10センチくらいの丸いボール玉の形で、帯状にきった生地を絡めて揚げて粉砂糖をまぶしてあるものが基本。 あとはチョコレートをかけたり、ナッツを散らしてあったりとバリエーションも豊富ですよ。 1個1.5ユーロくらいから。 間違ってもバスの中では食べないように。ぼろぼろこぼれて、掃除するドライバーさんにおこられてしまうので...!

3時の「マイスタートゥルンク」を見て(市長が一気飲みして町を救ったというエピソードをもとにした仕掛け時計。 見る人はあくまでも「中世風だ」ということを頭に入れておきましょう。「動いてへんやんかーっ!!」と怒らないように...)、バスで走る走る、一気に南のオーストリアとの国境ちかくのフュッセンへ。 ついたときはもう真っ暗。 でも泊まったホテルのオーナーさんが大の日本びいきの方で、以前神戸の震災のニュースを聞いて親を亡くした子供たちをドイツへ招待したこともある、心の大きなおっちゃん。 そんなオーナーさんは私たち日本人ツーリストのために「カレーライス」を作って待ってくれていました。 子供にだけではなく、大人にも心のひろいオーナーさん、ありがとう!(さ、食べようと思ったら炊飯器も鍋も空っぽ...。心広くなれない私)
f0038407_1834037.jpg

ちぇっ、と舌打ちしてそれでもいただいたビールのおいしさに心和むひととき。

次の朝はが降ったぞ~。今年は東京は雪が降らないままに「春一番」が吹いてたものね。 久しぶりに見た雪にみんな歓声をあげてました。今日は『ノイシュバンシュタイン城』の見学。発音を間違うと「9匹のブタの城」になるので気をつけましょうね。 冬の間は雪が積もっているのでほとんど走っていないミニバスがうごいていて、これもびっくり。まあ、山道を歩かなくていいので楽といえばいいんですけどねー、温暖化の波。。。 標高があがるにつれて外に見える景色のすばらしさに皆さん興奮状態!この日は朝にが降って、すぐに晴れたので雲(もや?)の上に出たかんじ。
f0038407_1836862.jpg

途中バスを降りて「マリエン橋」から見えたお城の美しさといったら...↓
f0038407_18325212.jpg

ちょっとこれ、どうですか?わたしってプロ???
お城も冬だからすいていて、ゆっくり見学できました。 
f0038407_18554795.jpg

山を降りる途中、おいしそうなにおいがどこからともなく...ふむ、なにかしら?
f0038407_18355054.jpg

おおーっ、なにかしらこれ?とおにいちゃんに聞いてみたら「ババリアン何とか」と言ってました。初めて見たので食べようとしたら5つで2ユーロ。 さすがに5つはいらへんしなあーと思ってたら「こっそり」おにいちゃんんがひとつくれました。 あ、ありがとうーっ!!
f0038407_18385247.jpg

揚げたてのお菓子はふわふわでアツアツ、とってもおいしかった。 ダンケシェーン^^

f0038407_18482476.jpg

今日のお昼はドイツ風ラビオリ「マールタッシェン」。 かなり大きめサイズでぎっしり中身も詰まっています~。でもおいしかったので、ぜんぶ食べました~。 デザートはリンゴのお菓子。
f0038407_18475666.jpg

はい、ごちそうさまでした

午後は音楽でもかけながら移動だ移動!なにせ今晩私たちが泊まるのはドイツではなくスイスなのだから。。ゆっくりしてはいられないわよ。 音楽かけたら皆さん5秒くらいでZzzzz。 私も3分くらい熟睡したかも?すごい短期集中睡眠。。♪
実はドイツからスイスに抜けるには途中で30分くらいある国を通らないといけないのです。 それはどこかとたずねたら~『オーストリア』!すごいぞ、1週間で4カ国周遊だ!でも手続きもなにもなく、見落としそうな看板でちっこく「オーステリッヒ」って書いてあったくらい。。控えめだわ。
f0038407_18543679.jpg

せっかくなのでオーストリアでトイレ休憩。 これはオーストリアのミルクコーヒー、「メランジェ」。

そしていよいよスイスに入りました~。 スイスの国旗のはためく国境を越えて(日本人でーす、37人乗ってまーす、以上で手続き終わり)、めざすは「インターラーケン」。 途中チューリッヒ湖を眺め、ルッツエルンを越え、峠を走り、到着。。。はー。 夜は外のレストランへお出かけ。
f0038407_18585244.jpg

ポークピカタとパスタ。 とってもおいしくてみなさんぺろりと平らげてましたよ。
f0038407_18593465.jpg

デザートはカラメル味の不思議なクリーム。

そして翌日、スイスはお天気に左右される!夏でも3日間なーんにも見えなかったこともある!(しかもたっかーいツアー料金の時に)。 それが今回、どーですか、この快晴ぶり!!
f0038407_1922186.jpg

朝から山がくっきり!fromホテルの窓

さ、バスの中はヨーデル音楽花盛り~♪♪、みんなの顔も笑顔ですね。 今回は「グリンデルワルド」(長野県安曇村と姉妹村)から登山列車にのって、途中クライネシャイデックで乗り換えて3454メートルの「ユングフラウヨッホ」駅に向かいまーす!らんらんらーん
f0038407_1951499.jpg

ひゃっほーっ、乗り換え駅のクライネシャイデック。 まだまだスキーシーズンなのね。 でもね、ブログのスイスのところを見てもらうとわかるように去年3月にいったときはまだまだ雪がどっさり積もっていて、しかも雪がまだ降っていたのよね。 でも今年はどーよ!が見えてるよ、芝が! それに山の谷間を流れる氷河も丸見え。 雪合戦しようと思ったのに雪が固くてできない!きっと雪が降っていないのだろうなあ。 おっかしいぞ~、地球温暖化...。
f0038407_1991920.jpg

ヨーゼフも困っているぞ...
それにしてもいい天気、雪が解けるのも無理ないか。。
f0038407_19102580.jpg

うおーっ、また頭の皮がめくれるう~
f0038407_191050100.jpg

アレッチ氷河もばっちり!
前回のペルーツアーで3800メートルに行ったから、ぜーんぜん平気と思っていたら意外と呼吸が苦しかった。。増えた赤血球は普通に戻ってしまったようです。。。
f0038407_19131028.jpg

やっほ~っ

f0038407_19134092.jpg

クライネシャイデックに戻ってお昼ごはんでーす。みんな山を見ながら外でお食事していて楽しそうだったなあ~。 老若男女、スイスはスキー天国。
f0038407_19145850.jpg

七面鳥の煮込み。それとジャパニーズ用にごはんとキャベツの千切り。 きたるべく夏のシーズンに備えてメニューも日本人好み??

さ、山を降りるわよ!なんといっても、今晩私たちが泊まるのはパリ。 しかも新幹線に乗るのでゆっくりしていてはセーヌ河のほとりで野宿する羽目に...ぐずぐずしてはいられないのよっ!しゅっぱつだーっ!!
f0038407_19175277.jpg

楽しそうにスキーをする人たちを見ながら下山しまーす
f0038407_19182556.jpg

ほらねー、雪ないでしょ??

さて、午後はレマン湖のほとりの国際都市「ジュネーブ」目指してひた走り。 ドライバーさんも大変だ!がんばってー!途中のトイレ休憩のあたりから見える看板も店員さんの言葉もフランス語に変わっていました。ボンジュール!

さてと、ジュネーブのコルナバン駅でアシスタントさんと合流。 
車内で食べるおにぎり弁当を受け取りまーす(以前は幕の内弁当だった。が、あまりにも強いしょうゆ臭にフランス人からクレームあり。それ以来こじんまりしたお弁当になりました。 でも気持ちわかるよ。。)。 その後は、しばらくフリータイム。 アシスタントさんおすすめのパンやで4種類くらいパンを買い込む私(おにぎりのことをすっかり忘れてた)。 みんなでスイスの出国審査&フランスの入国審査をホームへ上がる前に済ませます。手続きはパスポートをちらっと見せるだけ。いたって簡単。わたし何度もここをパスポート見せずに通ってるもんね。さ、やっとここでフランス新幹線T・G・Vに乗り込みまーす。 パリまで約3時間~。当然アナウンスなんぞなく気がついたら動いてましたね。みんなにお弁当を配ったらあとはZzzz。 と思ったらいろんなお客さんから差し入れが。。。中にはスイスの牛乳を下さった方もあり。 新幹線で牛乳って...。

夜の11時前にパリのリヨン駅に到着~。 ポーターさんに荷物を運んでもらってバスへ。 ああ、着いたわ、パリに... 今朝、たしかスイスの山に登ってたよなあ~。 感無量。。。

パリの様子はまた次回に。 で、明日からパリ6連泊行ってきます!
[PR]
by isaisa0108 | 2007-02-28 18:15 | ドイツ