1人息子とのドタバタな毎日の記録♪

by isaisa0108

カテゴリ:クロアチアほか( 9 )

公園と都会

ドブログニクを出発した日は一日の移動。 ながっ。約9時間もかかりました。
話す話題も尽き、あとはなぜか持っていった『エンヤ』のCDかけっ放し...。(最近よくあることだが、今回のバスはCD機能オンリー。もって行った重いカセット、意味なし)。 外の風景が心なしかアイルランドに見えました。。。

一般道を海岸線に沿って走り、急遽お手洗いを使わせてもらいに入った田舎のカフェで、トイレの順番を待っていたら、テレビで「世界水泳」の様子が映し出されており、しかも北島選手が今まさに泳がんとしているではあーりませんか! なんて偶然?!そして結果は皆さん知っての通り、なんと金メダル獲得!北島選手には聞こえたに違いありません。 トイレを待ちながら、足をくねくねさせながら応援していた私たちの声が...!

そしてようやく、『プリトヴィッツエ国立公園』に到着。今日は国立公園の中にあるホテルに泊まります。 「この先4キロ、クマに注意!」の看板が私たちを歓迎してくれました。 あいにく雨&道端には大量の雪が残っている。。。明日、雨降ったらどうしよう?照る照る坊主作るか?
一応フロントのお姉さんに「明日の天気、どうかしら?」と聞いたら一言、
BAD!」(悪いね)。 不安がまたまた心よぎる夜となりました。
久しぶりに見るジャパニーズ・ツーリストの姿。 しかも4グループが同じホテル。人気あるのね、クロアチア。

さーて、翌日はフロントのお姉さんの自信たっぷりな天気予報が外れて、雲の切れ間から日差しもさすいい観光日和となりました。 さっそく3時間の公園散策にしゅっぱーつ!
f0038407_01347.jpg

きれいな透き通った湖が段々畑状に続いています。 ここ2・3日の雨で水かさが増えて、滝も川の流れも迫力満点!11月に行ったときとぜんぜん違う、大自然の魅力に打ちのめされました~
f0038407_025959.jpg

どどどどーー
f0038407_03205.jpg

野生のスミレも咲いています。 着実に春はそこまで...

湖を覗き込むとマスコイが気持ちよさそうに泳いでいましたよ。ほんと、手ですくえそうな距離で。 すがすがしい空気を吸って、体中にマイナスイオンが染み渡りました~
最後に一番大きな湖「コジャック湖」を電気ボートで横断して3時間のハイキングは終了。
お昼ごはんのあとは、2時間ほど移動、最後の目的地、首都のザグレブに向かいました。
f0038407_063561.jpg

バスで眠くならないように、エスプレッソでしめくくり。 それでも寝ましたけど。

ザグレブとうちゃーく、そしてこの街は日本人ガイドさんが案内してくれるので、私は後から付いて行くだけ~、らっくちーん。
f0038407_072726.jpg

市内を見下ろす展望台より、大聖堂の尖塔が見えました。
f0038407_084182.jpg

中はこんな感じ。 

ホテルに着いて、最後の夕食。 お客さんの中で誕生日の方がいらっしゃったので小さいケーキを用意したら、その方がみなさんに「シャンペン」を振舞ってくださいました!うーん、にくい演出ですね。 わたしもしっかりご馳走になりました。
今回も無事にツアーが終えられそうです。

スロベニアもクロアチアも今段々と人気が出てきている国ですが、その理由がわかった気がする。 ①みんな本当に親切 ②食べ物がおいしい ③物価がほかのヨーロッパと比べると安い
④ワインもおいしい ⑤見所がたくさんある プラス、海の色のきれいなことといったら...!
これはぜひ、みなさんご自身で確かめていただきたいです。 ほんとうに、あんな海で泳いだら日本ではもう、泳げない体になりますね。

クロアチア、スロベニアのみなさん、これからも仲良くしてくださいねー
f0038407_2043273.jpg

ウィーンの空港で、『デーメル』のお姉さんがウサギの形のチョコレートをくれました。

さ、次はお待ちかね、大好きなトルコでーす!8日から行ってきます。 さっき聞いたら、カッパドキアは雪が降ってるらしい...雪のきのこ岩、第2弾??期待できるかも。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-04-03 23:57 | クロアチアほか

ドブログニクへ

今日成田に到着~、電車の窓から桜の並木道が見えました。 ああ、春。。。ということで、ブログの背景を「桜」にしてみました。 しばらくクマちゃん、お休みよ。

さてと、クロアチアドブログニクの様子をお届け。 2連泊したホテルの部屋からはアドリア海が一望!しかもベランダ付き。 『ざざざあぁぁ~っ』という波の音を聞きながらすごすなんて、なんて贅沢なのかしら。 しかも海がとおーってもきれい。 透き通ってるよん。 私の友達はハネムーンがクロアチアだったなあ。 ふむ、候補地として覚えておこう。(候補地多すぎ)。
さて、今日のガイドはカジミールさん。 きれいな英語を話すやさしいおじいちゃん。 なんとかお天気も持ち直し、さっそくバスで旧市街に向かいました。
f0038407_0354971.jpg

オレンジの実がいっぱい。でもスペインとおんなじ苦い実。
f0038407_0361619.jpg

街は2キロの城壁に囲まれていて一周できまーす
f0038407_037713.jpg

首を横にすると素敵な町並みが広がるかもよ。
f0038407_0373731.jpg

石畳の旧市街は17世紀の建物が残ります。 周りがすべてオスマントルコの支配に入ったときでも頑としてドブログニク共和国として頑張ってきた街。 自由を捨てなかったのね。
f0038407_0382923.jpg

でも91年の内戦のときは街に2000発以上の砲弾が...今からたった16年前のこと。
f0038407_0401996.jpg

子供たちが社会見学で来ていました。モードな先生に引率されていました。
f0038407_0405951.jpg

今月の復活祭に備えて、シンボルのにわとりの置物があちこちで売られていました。
f0038407_0413379.jpg

こんなものをお買い上げ。 ピーちゃん付き。一個200円。 
f0038407_0423584.jpg

そしていつものようにフリータイムだ。 今日はたっぷり2時間よ。 みんな城壁に上ったり、教会に入ったり、博物館を見学したり。 私はカジミールさんとほっと一息。。。
f0038407_0433456.jpg

ちょうど露店が出ていて、
f0038407_044038.jpg

オリーブの枝や、
f0038407_0442088.jpg

復活祭に使うような飾り物や、
f0038407_0444032.jpg

ほしいちじくやおばあちゃんたちの自家製オレンジピールが売られていました。 美味しかったので一袋買ってみました。 お菓子に混ぜ込んでもおいしそうですね。カリカリしていて。
f0038407_0455074.jpg

「ニャ~」!黒猫ちゃん。3歳の甥っ子が一時期「猫ひろし」に凝ってたことを、ふと思い出しました...今はウルトラマンと嵐とカラオケが好きなようです。 
f0038407_0474917.jpg

古い町並みが素敵。
f0038407_0481739.jpg

クロアチアは「ネクタイ」の発祥の地。今でもフランスやイタリアではネクタイのことを「クロアチア風の」という意味の「クラバットゥ」とか「クラバッタ」と言いますね。昔、恋人やだんな様が戦争に行くときに無事に帰ってくることを願って、その彼女なり奥さんが首にスカーフを巻いて送り出したそうですよ。ふむ、この人形のような衣装だったのですね。それをファッションにうるさい当時のフランス国王ルイ14世(ベルサイユを作った王様。カツラとハイヒールがお気に入り)がお抱えのテーラーを招いて高級生地で作らせたことでヨーロッパに広がったそうです。お店を覗いてみたら、意外といいお値段でござりました。。

さてと、歩きつかれたらお腹もすいた、満たしに行きましょう~
f0038407_053987.jpg

今日のメインはリゾットでーす。
f0038407_054192.jpg

プリンちゃんもレストラン自家製。
f0038407_0551047.jpg

クロアチアのナンバープレート。 縞々模様はクロアチアのサッカーのユニフォームでも知られていますね。 そういえばこの間のワールドカップで日本と対戦しましたね。

この後はバスを飛ばすこと2時間半、お隣モンテネグロの世界遺産の街「コトル」を訪問。独立してまだ1年に満たない新しい国です。 ここもクロアチアと同じ旧ユーゴスラビアだったところ。小さな町で1時間もすれば一回りできる可愛い町でした。 街にはオルソドックス教会があって、どことなくビサンチンっぽい雰囲気。

ホテルに戻ってバイキングの夕食。 『イカのグリル』が出てたので食べてみたらやわらかくて美味しかった~!おいしいクロアチアワインもいただきました。 ああ、美味しい&安い。 グラスワインが200円ちょっとなんて...おかげさまで毎晩いただいていました、ええ。
そしてこの日も波の音を聞きながら30秒で熟睡...Zzzz

残すは「プリトヴィッツエ国立公園」と首都「ザグレブ」のみ!勉強も今日が最後~っ
いよいよ旅も最終段階^^
[PR]
by isaisa0108 | 2007-04-03 00:59 | クロアチアほか

お腹は満足、クロアチア

さてと、何とか代わりのバスでやってきました、ザダールへ。 あいにく雨模様。。でも仕方ない、天気だけはどーにもなりませんっ。 とりあえず、お腹を満たしにレストランへ。 海のそばのレストランということで、メニューは「小さい魚のグリル」とある。 小さい?どんな?これくらい?とウェイターさんに聞いたら「「うん、そんなくらいのもの」とお答え。 でもさー、これ、本当に小さいかい?↓
f0038407_4345156.jpg

皿からはみ出しておりまする
でも美味しかったので許す。 熱々のジューシーなお魚でした。 

その後は雨降りなのでさっさと観光終わらせたいなるべく簡潔に観光説明をして、フリータイム!。 ザダールはローマ時代の柱をそのまんま教会建築に使っている大聖堂があることで有名。 しかも筒型をしているというちょっと珍しい建物なのですよ。
f0038407_4383896.jpg

たしかに筒型。
f0038407_4391717.jpg

おいおい、いいのかい、こんな使い方。 2000年前のものなのに。
f0038407_440126.jpg

ザダールには ほかにもこんなきれいな彫刻が施されたきれいな教会がありますよ。
でも雨だしね、みなさん早めにバスに戻って来られました。 

続いて向かったのはシベニクという街。ここはガイドのアナさんとともに歩きました。 雨の中を。
雨だったので写真を撮る気もなく、やる気なし。ごめんなさーい。
でもね、このシベニクは世界遺産の大聖堂があるのです。 沖合いに浮かぶ「ブラチ島」から採れた石灰岩と大理石でできた白くてきれいな大聖堂でした。 あとはフジの花が満開!あんな大きな枝を持ったフジは初めて見たなあ。 私の通っていた高校は校章がフジでした。 ああ、なつかしい~ちなみに先輩に寺島純子さんがいらっしゃいます。 関係ないか?

今日はよく走った。 よく歩いた。 で、お腹もすいた。 夜はスプリットという街のレストランでお食事でーす。
f0038407_4474478.jpg

前菜はキッシュ、
f0038407_4481181.jpg

メインはチキンとリゾット。あとこのレストランはパンがおいしいので、かるく3個ほどいただきました。

次の日は曇り空。 向かったのはトロギールという街で街全体が世界遺産という素敵なところ。
f0038407_4494383.jpg

すてきな町並み。あとこの街は青空市場が開かれていて、新鮮な野菜や果物が売られています。 みなさんなぜかプルーンを「安い!」と言って大量にお買い上げ。
f0038407_4504051.jpg

今日のお昼の前菜。 パスタサラダ。
f0038407_4521271.jpg

今日のメインはじゃじゃじゃーん、クロアチア風ブイヤベース=BRUDETでございます。 フランスのマルセーユよりも見た目100倍おいしそう&おいしかった! お皿の向こうに見えている黄色いものは付け合せのポレンタ(とうもろこしの粉を練ったようなもの)。 イタリアではよく食べます。むっちりしていておいしいよ~
f0038407_4563916.jpg

デザートはパンケーキ。 自家製。 よくやった!おいしい!!ちなみにチェコではこういったパンケーキのことを「パラチンカ」と呼びますね。 パラチンカって響きがなんとなく笑えません?
f0038407_458430.jpg

午後はスプリットに戻って旧市街の観光。 ここも世界遺産の街。 ディオクレティアヌス皇帝が引退後に暮らす宮殿を造って、その後いろんな時代を経て人々が住み着いて今もちょっと珍しい町並みが残っているというところ。 たとえばこの建物。 観光案内所として使われています。

すぐそばの銀行の部屋の真ん中をローマ時代の柱がぶち抜いていたり...。 うらやましいような、うらやましくないような。

さて、この後は東へ向かってクロアチアの南の端にある「アドリア海の真珠」と歌われている美しい街、ドブログニクへ。 途中、9キロほどボスニア・ヘルツェゴビナを通り、ネウムという街で休憩。 ここはワインが安いのでみなさんクロアチアの高級赤ワイン『ディンガヂ』をまとめ買い~。 高いといっても3000円しないもんねー。 ああ、物価が安いってなんて素晴らしい!ということで、旅のハイライト、ドブログニクの景色は後日お届けします~!こんな感じよ↓
f0038407_565240.jpg

[PR]
by isaisa0108 | 2007-04-01 04:53 | クロアチアほか
はーい、やっとPCが使えるホテルにチェックインだ。もうツアーも終盤。 クロアチアはほとんどの観光地が英語ガイドさんなので、毎日のように通訳しないといけないの。とほほ。で、寝不足気味。わたし、明日できることは明日しよう!という性格なので、いつも朝バッタバタで予習&バッタバタでコーヒー飲む&バッタバタでシャワー浴びる&バッタバタでチェックアウト~。。。という毎日。 ああ、あと明日を残すのみ、ファイト一発ぅぅぅ..

さて、ブレッド湖で鐘を鳴らして私自信の旅の目的は果たしたので、後はどーでもよかろう後は流れに任せて進んできましたわよ。で、もうひとつ、楽しみにしていたことがありました。 それは世界3番目の『ポストイナ鍾乳洞』を見ること。 24キロに及ぶでっかい鍾乳洞で、入り口で「トロッコ」に乗るらしく、これが人気らしいと本に載っています。 どんなものなのかというと、
ものすごいスピードで走る」「振り落とされないように注意
と添乗レポートに書いてある。 ものすごいスピード?振り落とされる?いいのか、そんな乗り物にお客さんを乗せても?? でも乗ってみたい気持ちが強いわよね、で、乗ってみました↓
f0038407_4222842.jpg

なるほど、トロッコだな。
f0038407_4221073.jpg

身を乗り出すな!鍾乳石を折るな!ということか。

私たちはほかのイタリア人グループと同じトロッコに乗り込みました。 
まー、しゃべるしゃべる。、イタリア人のおばちゃん達。 もう遠足に来た小学生状態ですね。 さ、そんな私たちを乗せてトロッコはゆっくりと動き始めました...

ビュ~ン!!
f0038407_4265459.jpg

乗っている時間は行きと帰り、それぞれ10分くらい。ところどころ頭すれすれに通るし、イタリア人おばちゃん達も「ひゅーーーー」とか言いながら小さくなってるし、水はぽたぽた落ちてくる。 でもこれは乗ってみる価値大!
乗り終えたお客さん「あー、もうコレだけで満足!」やって。 いえいえ、これから1時間歩くんですけどね。
f0038407_4291679.jpg

雰囲気が素敵なイタリア人マダム。 あなた、さっきトロッコで騒いでましたね?

さ、たっぷりスリルを味わった後はお昼ごはんでーす
f0038407_4301324.jpg

マカロニサラダの前菜と、
f0038407_4303951.jpg

グリル・ターキー。七面鳥だ。

その後はバスで移動、スロベニアからクロアチアへ国境越えて向かいました。
f0038407_432225.jpg

この日はイストラ半島のオパティアという街に一泊。 イタリアのトリエステまでは目と鼻の先ということもあり、見た目イタリアの港街っていう雰囲気。
f0038407_4331279.jpg

なんとなく南イタリア。
f0038407_4352345.jpg

ローズマリーのお花も咲いています。

夕食までの時間、お客さんと一緒に近くのスーパーへ買出しへ。 おほほ、クロアチアの美味しいチョコレート「クラーシュ」の値段を見にいったのさ。
お腹がすいたので、近くのカフェへふらっと。 
f0038407_436021.jpg

おお、ちょっと大きすぎたけれどこのリンゴのお菓子(アップル・シュトゥルーデル=オーストリアの影響。 偉大なハプスブルクよ)、あまり期待していなかった分、さくさくしていてとおーってもおいちかったです
f0038407_4461029.jpg

夕暮れの景色...
f0038407_4392739.jpg

朝の景色...

さ、翌朝は東へ移動、きれいな海岸線を通ってザダールという街へ~!j思ったらバスが故障。。。。ちえっ、時間がきちきちの日に限ってこういうことがよくあるのよねー。 修理を呼んだが一向にやってくる気配なし。 ま、これもよくある話だ。 ということで、代わりのバスを手配して荷物もぜーんぶ移し変えて、1時間遅れで出発~!ダルメシアン犬(101匹わんちゃんのあの犬)のふるさと、ダルマチア地方目指してバスを飛ばしました~。 今日から毎日ローマ時代の遺跡が残る街を見に行きまーす。どんなものかというと...
f0038407_4464919.jpg

教会の基礎の部分がなんと、2000年前のローマ時代の柱。 ぷっつんぷっつんと輪切り状態で使っております。 びっくり~
[PR]
by isaisa0108 | 2007-03-31 04:20 | クロアチアほか

鐘を鳴らしに...

やっほー!、成田からオーストリア航空で気温4度のウィーンを経由、クラーゲンフルトというスロベニアとの国境ちかくの田舎町の空港へ到着。 窓の外は一面雪野原。 今年は暖冬だったヨーロッパが、ここに来て寒波到来。 スイスも雪で飛行機の離発着ができないと成田で聞いてはいたけれど。 おかげさまでスキー場も再開されているそうです。
f0038407_42445.jpg

全身真っ赤っかの制服がかわいいオーストラリア航空の乗務員さんたち。
f0038407_443873.jpg

機内食。 チキンプリーズ!
f0038407_452945.jpg

このチョコレートのカップケーキは絶品でした!さすが。
f0038407_481735.jpg

機内には「国立オペラ座」の演目が書いてあるパンフレットが自由に持ち帰ることができます。 
f0038407_492993.jpg

ウィーンの空港でほっと一息。 ミルクコーヒー=「メランジェ」。 
それにしてもユーロ高のオーストリアよ!!水1本がなんと2.6ユーロよ!ざっと160円計算で400円か?!ケンカを売っているとしか思えないような値段。 もはや『お水様~』の世界よ。ああ、物価安のチベットがなつかしい...。
f0038407_414201.jpg

ブレッド湖のホテルにて。 以前に来たときに味わって以来、そのおいしさに心奪われてしまった『クリームケーキ』。 さっそくひとついただきました。 おいちーっ!

さて、今回の私の旅の目的、それはただひとつ...。
鐘を鳴らすこと

鐘というのはスロベニアのブレッド湖にある『聖マリア教会』の「望みの鐘」のこと。 そう、昨年の11月に来て鳴らして帰ったお客さんのTさん、帰国後なんと運命の人と再会、とおーっても幸せそうなのです。 あれ?わたしも鳴らしたはずなのに。 なぜだ、なぜなぜ?? もしかすると「3回鳴らしてくださいね」というガイドさんの声を無視して鳴らし続けたのが悪かったのか?よし、わかった。今度こそきっちり3回、鳴らして帰ろうではないか! そのツアーで一緒だった同年代の女の子達の分も鳴らしてくるからね、と約束までしてきた私。 いよいよその日がやってきた。
f0038407_346445.jpg

ボートで島へ渡り、99段ある階段を登って教会へ。道のりは決してやさしくはないのさ。

今日は日曜日ということもあり、ひっそりと静まりかえっている教会。 よし、いい感じ。
お客様の案内もそこそこに丁寧に済ませ、鳴らしてみました、鐘3回
f0038407_3481040.jpg

鴨も泳いでいるよ、ブレッド湖。

やるべきことはやったわよ。 日本で待っているJちゃんたちの分まで思いを込めて...
ちなみにこの鐘のご利益に預かった人は、本当に多いそう。 イギリスのチャールズ皇太子も日本の黒田さんに嫁いださーやも。 ふっふっふ。 結果は帰ってからのお楽しみ^^きゃーっ
f0038407_353633.jpg

一仕事を終えた私はスロベニアのお土産品、「はちみつブランデー」を一気飲み。 その後は温かいカプチーノもいただきました。 
f0038407_3545653.jpg

恒例、雪だるまの制作。 遠くにブレッド湖と聖マリア教会。
f0038407_3555973.jpg

午後はスロベニアの首都、「リュブリアーナ」へ。 お城の中にあるチャペルを見学。 ハプスブルク家の女帝・マリアテレジアの紋章がどでかくフレスコ画で描いてありましたよ。
f0038407_3574117.jpg

早めにホテルへチェックイン。 大人モダンな感じの内装が素敵なホテル~。 よく歩いたのでお腹がすいた。夕食を待ちきれずにポテトチップスをぱりぱり...
f0038407_3583376.jpg

今日の夕食の前菜は野菜のグリル。 イタリアに近いのでお料理もなんとなくそんな感じ?
f0038407_40077.jpg

メインはローストポーク。 付け合せはこれまたイタリアの香りただようポレンタ
デザートはパンナコッタが出てきました。 あー、おいしかった。

明日は鍾乳洞の観光。 ジェットコースターみたいなトロッコ電車に乗っていってきまーす!
[PR]
by isaisa0108 | 2007-03-26 04:05 | クロアチアほか

クロアチアさようなら~

朝4時おきで飛行機に乗ってザグレブへ。ミュンヘンまでの直行便がないので、どうしてもこんなにはやーい出発になるのです。あーねむい。。ところが出発時間をすぎても、ドライバーのマルコが来ない。「やばい、寝坊か..?」。図星
「フ、フロントがモーニングコールかけてくれなかった」やって。そんなの自分でセットしろよっ!ま、間に合ってひと安心。先輩から聞いていた超かっちょいいアシスタントさんの顔も早朝出発で暗くていまひとつハッキリ確認できなかったのがこころ残りだわ。
f0038407_16173923.jpg

クロアチア航空は「スターアライアンスメンバー」でーす。マイルが貯まる、貯まる、うひひ。

ザグレブまで1時間。この日は乗り継ぎが長いので、おまけとして市内でフリータイム&お昼ごはんという予定。今ザグレブはが増えすぎてすごい渋滞。。イスタンブールもすごいけど、ここもすごいクルマの数です。将来は地下鉄とかが出来ると思うけど。

さてと、お昼ごはんのレストランの場所を確認し終わったら、『フリータイム』!お客さんをけむりに巻き丁寧に応対したあとは、めざすはケーキ屋さん!じつはこっそりザグレブのガイドさんに教えてもらっていたのさ。そのケーキ屋さんでこの時期だけの限定販売メニューがあるって。。その名は『ケステン・ピーレ』。栗のペーストにホイップを乗っけていただく今だけメニューなんやって。言ってみれば、クロアチア風のモンブランですね。さっそく行ってみました!

お店に入っておねえさんに「ユーロ使える?」って聞いたら「だめ!」って言われたので、こりゃ大変と銀行に行ってクロアチアのお金「クーナ」を引き出して「ゼーゼー...」荒い息を整えてお店に。「ケステン・ピーレ、ひとつちょうだい!」。そして出てきたものは....
f0038407_16382255.jpg

ほほーっ、これが噂のケステン・ピーレか。
f0038407_16385981.jpg

せっかくなので、紅茶セットと共にいただきました。これだけで500円!なんて良心的なお値段なんでしょう。
ケステン・ピーレは甘くないホイップクリームの下に栗のピューレが隠れていました。お味はとってもシンプル。甘くすぎずとってもお上品な味がしました。
f0038407_16413889.jpg

向かいのテーブルではおじいちゃんがケーキをふたつ、平らげてました。

f0038407_16421923.jpg

秋も深まるクロアチアはじめスロベニアモンテネグロの国々は、とってもきれいで人も親切で食事もおいしいし、なんといってもイタリアとかと比べると物価が安い!ヨーロッパ人がバカンスにやってくるのもわかる気がするなぁ。わたしの友達もハネムーンで来たし。これからもっと日本からの観光のお客さんが増えていくんでしょうねー。
f0038407_16454590.jpg

クロアチア、さようなら~

成田に着いたら「おおおおーっ、これって?」。音楽好きのお客さんが目の色変えて写真を撮ってます。「○○さん、あれウィーンフィル専用機じゃないですか??」って。さっすが世界に誇るウィーンフィル楽団よ!こんなもの持ってんのか?すごいなあー。世界は広いよ、みなさんっ!
f0038407_16483111.jpg


次回は18日間の初クルーズパナマ運河に行ってきまーす!
f0038407_17274015.jpg

クロアチア土産いろいろ。おいしい赤ワインDINGACはじめ、露天で買った赤とうがらしちゃんやカボチャたちの他、VEGETAというクロアチア版コンソメの素などなど。お家のワインセラー(ただ積んであるだけか?)もかなり充実してきました。皆さん、飲みにきてくださーい!(要おつまみ持参よ)。
[PR]
by isaisa0108 | 2006-11-18 16:49 | クロアチアほか

ドブログニクへ

今日がツアーの最終日、というかこれで英語ガイドさんの通訳するのも最後の日。あー、きつかった。。久々だもの、英語ガイドさんの通訳は。ここんところずーっとインドやトルコやらで楽させていただいていたので。たまには必要だな、英語学習も。

今日はバスで2時間ちょっと走って国を越えてお隣の『モンテネグロ』へ。2006年5月(ってついこの間)に独立した旧ユーゴスラビアの国。大きさは福島県と同じくらいらしく、通貨はユーロ。モンテネグロには世界遺産が2ヶ所あって、今回はそのうちの一つ『コトル』という街を訪れました。
f0038407_5362074.jpg

今日も快晴、時計も正確、山もばっちり
f0038407_537952.jpg

街の入り口の門。コトルの街も城壁でぐるりと囲まれているんです

ガイドのブランカさんの説明を訳しながら街を散歩。教会を見たり、立派な宮殿跡を見たり、正教会の教会に入ったりしたあとはフリータイム。街の広場に出ているカフェでお茶を飲んで過ごしました。あー、幸せなひと時よ。。。
f0038407_54032.jpg

広場の後ろには山が迫っていて、小さい教会や要塞が残っています
f0038407_5404092.jpg

街の広場。みんなの憩いの場所さ。犬ものんびり昼寝をしていました
f0038407_5413651.jpg

外から見るとこんな感じの街、コトル。頑丈な城壁でオスマントルコやベネチアの侵入から街を守ろうとしたそうです

きれいな湾に沿ってドライブしながらドブログニクへ戻りました。Zzzzzz  おっと、また睡魔が。
f0038407_5433134.jpg

遠くから見た世界遺産の街『ドブログニク』。
遅めのお昼ごはんを旧市街のそばで食べました。今日のメニューはシーフード・リゾットでーす
f0038407_545228.jpg


ここドブログニクは91年から92年の戦争でほとんどの建物が壊されてしまったんです。91年12月6日には何と2000発以上の砲撃が街に撃ち込まれたそう。そのため多くの人が亡くなり、家が焼かれ、世界遺産であった街は見るも無残な姿になってしまったんです。戦争が終わり平和な世の中になってユネスコからの援助金や住人の人たちの努力もあって、ほぼもとの姿に。街を歩いているとそんなことが今からたった15年前に起こったとは信じられません。みんな明るいし「さようならー」って声をかけてくれるし(なぜかいつも「さようならー」なのよね。「こんにちは」は難しいか?)。みんなとっても明るいの。でもガイドさんが言ってました。「今はこうして平和が戻ってきて町並みも元に戻ったけれど、あの悲惨な戦争のことは忘れることがないでしょう」って。そうですね、その通り。

f0038407_634140.jpg

これは聖フランチェスコ修道会の壁。よく見ると弾の跡が。戦争の傷跡。
f0038407_66784.jpg

91年から92年にかけての爆撃の跡が書いてある地図。こうやって戦争の悲惨さを伝えていこうとしている街、ドブログニク
f0038407_6114347.jpg

平和な空を飛行機雲が...
f0038407_674593.jpg

ドブログニクも頑丈な城壁で囲まれています。1周約2キロなり

ドブログニクは周りが全部オスマントルコの支配にあった時代も、ずっと独立共和国としてその自由を守り通した国。ハンガリーやベネチアなどのリーダー格の国にお金を支払ってでも自由を得ようとした国。長いものに巻かれるふりをして、けっして巻かれることのなかった国。お手本になりますね、いろんな意味で。
f0038407_6161341.jpg

街のプレ門からメインストリートを見るとこんな感じ。大聖堂や修道院やクロアチア最古の薬局のあった場所や旧税関、総督の館、旧港が並びます。大聖堂の中にはあのイタリア人画家「ティッツイアーノ」が描いた「聖母被昇天」が主祭壇を飾っています。

f0038407_6194164.jpg

ドブログニクの夕焼け。明日は朝4時起きでドブログニク~ザグレブ~ミュンヘン経由で日本へ帰りまーす。クロアチア、スロベニア、モンテネグロどれもいい国だったよん。ごはんはおいしいし、人がすごく親切だったな。また機会があれば夏に来てきれいなアドリア海で泳いで見たい!フヴァ-ラ~(ありがと)!
[PR]
by isaisa0108 | 2006-11-17 06:08 | クロアチアほか

初クロ その③

今日はこれまた世界遺産の街『スプリット』の観光へ。この街はローマ皇帝ディオクレティアヌス帝が隠居生活を送るためにたったの10年で建てた宮殿があった町。ざっと今から1700年くらい前のことです。そこに7世紀から人々が住み着いて、いろんな時代を経て遺跡と一体化した町並みができあがったという、ちょっと他では見られない変わった様子をしているところ。
f0038407_6303819.jpg

太陽がさんさんと降り注ぐ街、スプリット。ユネスコの世界遺産ですわよ
f0038407_6322618.jpg

スペインの港町のような、南仏のような、でもやっぱりイタリアが近いな、この雰囲気。
f0038407_6332752.jpg

うふふ。また市場を見つけてしまった私。
f0038407_634150.jpg

さすがに南に来ると柑橘類が豊富で安い!これはオレンジ
f0038407_635263.jpg

葉ものもあれこれ売ってありました。
f0038407_6362329.jpg

マダムも素敵
f0038407_63707.jpg

ジェラート屋さんも発見。これは「パンナコッタ」味ですよ。ひとつ100円って安いーっ!!
f0038407_6383143.jpg

街の城壁をくぐると中はこんな感じ。3000人くらいが今も暮らしています。
f0038407_6401329.jpg

大聖堂の美しい鐘楼や、
f0038407_6405271.jpg

皇帝がエジプトを統治していた関係でスフィンクスが置いてあるかと思えば、
f0038407_6413480.jpg

普通に力強く暮らしている人がいたり、
f0038407_6422320.jpg

遺跡の柱が貫いている銀行で普通に働いている人がいるスプリットの街。

街ははっきりいってベネチアのコピーですね。もうそっくり!
f0038407_6443169.jpg

f0038407_6453288.jpg

サンマルコ広場の一角みたいな雰囲気よね
f0038407_646169.jpg

おいしそうなパンやさんでついつい...ひとつ100円。
f0038407_647740.jpg

1700年前の階段。オリジナル!皇帝も歩いたか??

お昼ごはんはスプリットの街のちいさいレストランで。ありゃりゃ、これまたイタリアだわ。
f0038407_6475223.jpg

前菜は「シチリア風ペンネ」。ピリ辛トマトソースのなかにはオリーブやズッキーニが。
f0038407_6491984.jpg

メインは仔牛のソテーにニョッキ添え。イタリアーン~
f0038407_650784.jpg

パンがこれまた美味しかった!こうー、なんていうかー、微妙な塩味とやわらかさが私の心をつかんで離さない。。。


午後はきれいな海岸線をアドリア海を見ながらのドライブを楽しみましたよ
f0038407_651277.jpg

そしてそーして、国境を越えて『ポスニア・ヘルツェゴビナ』へ。ここはわずか10キロの海岸線がボスニア領になっているんです。なので国境越えもいたって簡単でノーチェック。ドライブインのスーパーではユーロも使えるし。ひどい内戦が95年まで続いていたのが嘘のような美しい景色が広がっていましたよ
f0038407_6553653.jpg

きれいな夕暮れ。。。
f0038407_6562145.jpg

夜はメインがシーフードのパスタでした~。ヴウォーノ!!

明日は前から来てみたかった世界遺産『ドブログニク』とお隣モンテネグロの「コトル」の街を見に行ってきまーす。明日がいよいよ最終日。気合を入れて7時半出発~!
[PR]
by isaisa0108 | 2006-11-16 06:43 | クロアチアほか

初クロ その②

いい天気に恵まれてクロアチアの旅は続きます。ちょうど1週間前は寒波が来てあちこちえらく寒かったそう。出発前の打ち合わせでも「雪が積もっています...」「道が凍っています...」と聞いていて、お客さんにも「すごく寒いですからね。覚悟!」とお伝えしておりましたが、11月とは思えないくらいの晴天がつづいています~、良かった!

さてと、ザグレブからスロベニアのブレッド湖にやって来ました。ホテルが湖畔に立っているので朝ごはんのあと、ちょっと湖のほとりをウォーキングに出かけた私。「ひゃっほー、めっちゃ気持ちいいーっ!すっかり乗りのりのわたし。気がつくと湖半周くらいしていた私。おっと、出発に間に合わないぞ!急いで引き返す私。。。
f0038407_5291913.jpg

きれいなブレッド湖
f0038407_530017.jpg

かももやって来ました
f0038407_5303536.jpg

おぉぉー、まるで絵葉書のような風景ですね

湖の真ん中にブレッド島という島があって、そこには聖マリア教会が立っています。
トニーさんという船乗りのおじさんの手漕ぎのボートに揺られて10分あまり。無事到着でっす。船着場から99段の階段を登ると、教会入り口に到着。その教会の天井からぶら下がっているを引くと鐘が鳴るようになっているんですねー、うふふ。3回鳴らすと素敵なダーリンが見つかるらしい。私も思いっきり鳴らしてきました。山にこだまするくらい。。。
f0038407_534897.jpg

教会の中はおごそかな雰囲気。。。紐が見えますね。
f0038407_5345161.jpg

水着姿で教会に入ってくる人って、いるのかい??
f0038407_5383445.jpg

これが99段の石段。この教会で結婚式をあげる花婿さんはこの階段を花嫁さんを担いでのぼらないといけないきまりがあるそうです。きっついなあ~

この日は同じくブレッド湖畔にある『ブレッド城』でお昼ごはん。その前にちょっとお城の中を見学しました。
f0038407_5425432.jpg

お城の中庭から湖を一望

お城の中には「ワインセラー」があって、いろいろな種類のワインが販売されていました。案内してくれたのはフランシスコ修道士会の格好をしたおっちゃん。待ってましたーっとばかりに色々と親切に案内をしてくれました。自分でボトリングが出来たりと、なかなか楽しかったぞ。
f0038407_5501394.jpg

「えっ?いくらって?」としつこく聞き返す私たちに「もー、面倒やなあー、コレ見て!」とおっちゃんが出してきたのが誰が書いたのか?、日本語で走り書きされた値段表。はははhhhh~
f0038407_5515332.jpg

お昼を食べたお城の中のレストラン
f0038407_5522555.jpg

メインはマス料理
f0038407_553875.jpg

おっと、今日もデザートはクリームケーキ!おいちかった!

観光を終えて高速を走り、再びクロアチアへ入り、この日は「プリトヴィッツェ国立公園の中にあるホテルに一泊。途中きれいな夕焼けが見られました。冬時間になって日没も早くて5時には毛真っ暗でーす。
f0038407_5572873.jpg


そして次の日もすこぶる良い天気!今日は国立公園をハイキングしながら森林浴&滝のマイナスイオンを浴びまくる日なのさ。世界遺産の「プリトヴィッツェ」国立公園」へ出発~!最近よくクロアチアのガイドブックに載っている景色がここ。
f0038407_61584.jpg

見て見て、この色!石灰岩質の岩盤を通り抜けた雨水が地下に蓄えられて再び地表に湧き出てきてこんな透明なきれいな湖を作ったのですよ。16の湖を90を越える滝があることで知られている場所がここ。
f0038407_64187.jpg

魚も手ですくえる感じ!
f0038407_643517.jpg

光合成という文字が頭に浮ぶような、きれいな水草たち
f0038407_653475.jpg

マイナスイオン放出~っ
f0038407_66147.jpg

途中湖を横断するボートに乗ったりしながら3時間くらいのハイキング
f0038407_672690.jpg

最後は電気自動車に乗って入り口に戻りました。ロゴマークがかわいいな。えっ?熊出るの?

午後はバス移動。今回はたったの9人のお客さまなので大型バスにゆったり~。前回のインドがったがた道をバウンドしまくったバスでクラクション鳴らしっぱなしで走ったことを思えば、そりゃもう、天国にいるような心地よさでございます...Zzzzz(おっと、ついつい。。。)

夕方4時半頃にこれまた世界遺産のかわいい街『トロギール』に到着。ここまで来るとアドリア海が目の前に広がっています。すぐそこはイタリアのベネチア~。中世から抜け出してきたような町並みがとーっても素敵でしたよん
f0038407_6133871.jpg

夕暮れの町並み。。。
f0038407_6141071.jpg

露天のパン屋さんで。これってトルコで売ってるチーズ入りのパンにそっくり!そういえば昔クロアチの一部はオスマントルコの支配を受けていたそう。だからトルコ料理の影響も受けているのね。ふむ、深いなあ。。

この日の夕食はトロギールの街のレストランで。小さいながらも味がよくて感激しましたっ。
f0038407_6191636.jpg

パンもイタリアでよく出る「フォッカチャ」!
f0038407_6202217.jpg

メインはお魚グリルの盛り合わせ。
f0038407_6211157.jpg

トロギールの街で買ったお土産。クリスマスのオーナメント。はちみつと小麦粉で作ってあるそうです。一つ10クーナ(約200円)というおばちゃん。「えー、もうちょっとまけて~」って頑張ったら4つ24クーナになりました。ええ、関西人なもので。。。

f0038407_6242257.jpg

トロギールのホテルのベランダから。アドリア海がきれいに見渡せました。
[PR]
by isaisa0108 | 2006-11-16 05:44 | クロアチアほか