「ほっ」と。キャンペーン

幼稚園生の1人息子とのドタバタな毎日の記録♪

by isaisa0108

カテゴリ:スペイン( 4 )

冷え込んだマドリッドの朝、 さすがは標高が高い内陸部の首都。 それでも快晴で気分爽快。 さっそくプラド美術館目指して出発!
しばらく来ない間にすっかりリニューアルしていたプラド美術館。 グループは専用入り口から手荷物のX線検査を受けてから入ります。
日本語の立派なパンフレットをもらい、約2時間の鑑賞。。。
f0038407_1383928.jpg

切符を買うのに並ぶ一般の人たち。 ツアーだとこういうわずらわしさがなくていいですねー
f0038407_1392991.jpg

プラド美術館の入り口。

ベラスケスの「女官たち」やゴヤ、エルグレコなどの作品をざざーっと見学。 30分のフリータイムもあったので、みんなミュージアムショップで買い物。 日本語の図録は売り切れてました。冬のこの時期でもそうだなあー、ざっと8グループくらいはいましたね。バッチつけてる皆さん。

このあとはスペイン広場で写真を撮ったり、お買い物をしたりして、お昼ごはんとなりました。今日はうっひひ、『パエリヤ』でござります。 
f0038407_13122940.jpg

おー、やさいたっぷりサラダがまずは前菜で。。
f0038407_1313247.jpg

どどーん、でてきました!直径80センチくらいのパエリヤ鍋だ!
f0038407_13134191.jpg

今日のはシーフードのパエリヤ。 
美味
いままで食べたパエリヤの中で一番おいちかった! レストランはパエリヤ専門店で雰囲気も高級な感じ。 そしてお店の廊下にはさりげなく各国の著名人の写真とサインが飾ってある。
最後にこんなパエリヤで締めくくれるなんて、感激。。。 

お腹がふくれた後はシエスタ。。 マドリッドの南にあるトレドの街を目指します。 世界遺産の街で、日本の奈良と姉妹都市のトレド。石畳の情緒溢れる町並みが人気です。 歩くのがちょっと大変だけれど、これがヨーロッパの観光だ。 みなさん、がんばりましょう~ 
f0038407_1318057.jpg

街の中のかわいいお菓子やさんのショーウィンドウ
f0038407_13182941.jpg

トレドの大聖堂。 
そのほか、エルグレコの最高傑作といわれる「オルガス伯爵の埋葬」が飾られているサント・トメ教会なども見て歩きました。。。約2時間の徒歩観光。 おつかれさまでした~

マドリッドのホテルに戻り、少し休憩したあとはスペイン最後の夜を彩る「フラメンコショー」へ。
f0038407_13205751.jpg

お客さんのひとりが「オーレ!オーレ!」とだみ声で叫びたおしておられました....

次の日、ホテルを7時過ぎに出発してスイスのチューリッヒ経由で成田へ。 なーんとラッキーなことにわたくし、
アップグレード
お客さんと同じビジネスクラスで成田に帰って来ました。 サンモリッツの〇〇シェフ特製のチョコレートケーキやら、栗のリゾットやら、スイスのチーズ盛り合わせやら。進められるがままに食べていたらお腹がパンパンよ。。。 座席をぐぐーっと倒して、「え、こんなところまで倒れるの?」というくらいに倒して成田まで帰って来ました。 

スペインの味、楽しんでいただけましたか? いいところよ~、スペイン!
[PR]
by isaisa0108 | 2007-12-18 13:16 | スペイン

アンダルシア満喫

セビリアの朝はかなり冷え込んだけれど、またまたいい天気になりました。
街の中にモダンな路面電車が走りはじめていたり、歩行者道路が整備されていて、ぐっと歩きやすくなったセビリアの街。
f0038407_10212063.jpg

立派な大聖堂オレンジの木。 街の街路樹もオレンジ。 でも苦いよ。

さすがに空いていて、大聖堂もゆっくり見学。 みなさん熱心にコロンブスのお墓をカメラに納めていらっしゃいました。 よく冬にセビリアに来て、お昼に『ガスパチョ』を食べたことがありますが、うお~、さむ~いっ!!あれは夏の食べ物じゃああーりませんか。 今回はガスバチョでなくて良かった^^
f0038407_10253452.jpg

スペインのBAR(バルと読みます)。 生ハムがずらり、天井からぶら下がっていますね。 おいちそう。。。

セビリアのあとはコルドバへ移動。まずはお昼ごはん。 今日も2時。お腹すいたよ。。。メニューは『タパス』料理。 いろんなお料理をちょっとづつ...ですね。 出てきたのはトルティーリャ(ジャガイモがはいったスペイン風オムレツ)、イカフライ、サラダ、、マッシュルームのガーリックソテー、あとは...忘れた。 写真撮るのも忘れた。。。
ごはんのあとはガイドさんと観光へ。 今日のガイドさんは日本語ペランペランでした。
f0038407_10295776.jpg

ひとっこひとりもいない(!)『花の小径』。 ポインセチアがきれいに飾ってあったよ。
f0038407_10312537.jpg

世界遺産のメスキータ。 モスクの中に大聖堂が存在するというスペインならではのめずらしい建物。 柱はローマ時代の遺跡からもってこられたものもあります。
f0038407_10322759.jpg

たとえばこれ。 2000年以上前の柱。ほほ~っ
f0038407_1033168.jpg

これからも大切に守っていってほしい建物です。

さ、少しのフリータイムのあとはコルドバ駅へ。 スペイン新幹線『AVE』に乗って(今回は1等車!)、マドリッドまで2時間半だ。 車内では軽食のサービスもあって、ゆったりくつろげました。ビジネスマンが多かったかな。 そしてマドリッドアトーチャ駅に定刻に到着(なんでも遅れると払い戻しをしないといけないらしく、その関係でなぜかAVEはぜったいに遅れないのさ)。
クリスマスイルミネーションがきれいなグラシア通りにあるレストランで夕食を食べてから、ホテルに向かいました。
f0038407_10374597.jpg

前菜は生ハムやらチーズの盛り合わせ。 メインは仔牛の煮込み料理でした。

さ、のこすところ観光もあと一日。 マドリッドでは世界3大美術館のひとつ、プラド美術館を見て、午後はこれまた世界遺産のトレドへ向かいます。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-12-17 10:39 | スペイン

やっとアルハンブラ宮殿

前回の投稿のタイトルに「アルハンブラ宮殿」と書きながら、話題は風車のことで終わっていました。 しっつれいしました。 で、改めて...

アルハンブラ宮殿にやって来ました。
ここはスペインにあるアラブ建築の最高傑作といわれている建物で、1492年にイベリア半島をイスラム教徒から再びキリスト教徒の国にとり返そう!という国土回復運動(レコンキスタ)が終結した場所。 イサベル女王とだんなさんのフェルナンドが二人三脚で戦って、やっと無血開城させた夢の場所。  どんなところかというと...
f0038407_819668.jpg

こんなところです。
f0038407_8192830.jpg

ふーむ、すかし窓や噴水、タイルや鍾乳洞を思わせる天井、列柱がみごとです。
f0038407_8203376.jpg

池に写るとまた風情が...
f0038407_82176.jpg

フェネラリーフェ庭園には糸杉を刈り込んだ中庭やいろんな植物が。フジや柿やざくろなど。ちなみにアルハンブラ宮殿のあるグラナダとは『ざくろ』という意味。

アルハンブラ宮殿はいつの間にか入場が時間予約制になってました。それでも夏と比べるとゆっくり見学できてよかった。 さ、このあとは再び地中海をめざして走ります~
f0038407_8223423.jpg

サービスエリアでちょっと休憩。 カフェ・コルタード
「白い村」と呼ばれるその通り、白壁の家がぎっしり並ぶ村のひとつミハスへ。 まずはお昼ごはん^^
この日は「イカの墨煮」と「ローストポーク」をいただきました。 午後はちいさい村をぶらぶら散策...
f0038407_8264679.jpg

日本のテレビコマーシャルにも出たことのある景色。
f0038407_828511.jpg

ミハス名物、「アーモンドの砂糖がけ」 カリカリしていておいちいの。いつも買ってしまう。
f0038407_8284383.jpg

ちょっと一服。 テラスからはこんなきれいに地中海が一望!
f0038407_8291948.jpg

絞りたてのオレンジジュースをいただきました。 

さ、このあとはセビリアに向かって移動。 旅も後半に差しかかってきました~っ
セビリアのホテルはなんと☆が5つついてたよん。
f0038407_8312987.jpg

夕食のメインはチキンのカリカリソテー。 ぐうーっつど!
f0038407_832255.jpg

すんごいおいちかった、チョコレートムース!ごちそうさまでした。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-12-13 08:32 | スペイン

アルハンブラ宮殿

バレンシアに一泊して次の日は一路西へ。 カスティーリャ・ラマンチャ地方を目指しました。 h地面が段々と赤茶けてきて、オリーブ畑とぶどう畑が一面に。。。
まずはカンポ・デ・クリプターナ風車の見学。 ドンキホーテが巨人と間違って突進していったお話が有名な場所。
f0038407_12395253.jpg

結構大きな風車。 中を見学できるようになっています。 3階建てで意外と中は広め。 最近はセカンドハウスとして使うことがはやっているそうです。

その後はプエルトラピセというところにある「ドンキホーテの旅籠や」でお昼ごはん~
f0038407_1247698.jpg

こんな中庭。 ドンキホーテの像が建っていて、馬のロシナンテに水を飲ませた水盤などが。

この日はお決まりの「ドンキホーテ・メニュー」でーす。
f0038407_12435170.jpg

見た目はいまいちですが、味は最高!野菜のトマト煮。 野菜の滋味があふれるうう~
f0038407_12443938.jpg

チキンのシチュー。 パンをつかったお団子が入っていてお兄ちゃんが作り方を教えてくれました。ちなみに私と運転手さんは厨房にあるテーブルでお昼ご飯をいただきました。 みんな仲良しで、楽しそうに働いていましたよ。
f0038407_12462890.jpg

デザートはお手製のプリン。 手作り感溢れる味。
f0038407_1247554.jpg

カスティーリャ・ラマンチャ地方はサフランとチーズとワインがおいちい地方。 サフランは日本の半額くらいで手に入りまーす。

さ、ご飯のあとはシエスタ、シエスタ.....なんて素晴らしい習慣なのでしょうか。 ぜひ日本でも取り入れてほしいものです。。。

この日はグラナダにあるホテルに一泊。 目の前がアルハンブラ宮殿。 さすがに夜は冷え込んだグラナダ。 翌日はシェラ・ネバダ山脈もきれいに見えてました。 明日は世界遺産、アルハンブラ宮殿をお届けします。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-12-11 12:51 | スペイン