幼稚園生の1人息子とのドタバタな毎日の記録♪

by isaisa0108

カテゴリ:ドイツ( 4 )

ロマンチックな...

ワインを存分に味わったあとは、ハイデルベルクの観光。 今回はドライバーさんの拘束時間の関係で、えらく短い時間しかとれない。 どうしようか??と思ったけれど、なんとかお城と旧市街の観光&ショッピングを1時間半で終わらせました...いいのか?2人で7桁なのにね。ま、いいか。 みんな楽しそうだし、おまけにビールご馳走してもらったし。
f0038407_7444672.jpg

いいんですか~?では、お言葉に甘えて...

翌日は『古城街道』&『ロマンチック街道』を通ってローテンブルクへ。 このコース、まさに日本人ツーリストの皆さんがうようよいらっしゃいます。 「お、いるいる、あ、また来た、あ、あんなところにも...」っていう感じ。そして私達も”うようよ”と、街の観光に繰り出しました。 今日はローテンブルクに泊まるので、皆さん思い思いに散策、そして私もフリータイム~♪ とその前に腹ごしらえ
f0038407_7504518.jpg

はい、3種類のソーセージとザワークラウト。この酸っぱさがクセになりそうで...ならないな。
f0038407_7541942.jpg

マルクト広場の仕掛け時計を見に集まって来た人たち。うようよいますね。
f0038407_7553321.jpg

今日も大ジョッキ片手に、ワインをぐいぐい飲み干すヌッシュ市長。あなたのひとり舞台がもうすぐ始まりますよ、この窓から...
f0038407_7582482.jpg

またまた市庁舎の塔に登ってみました~1€なり。
f0038407_7591775.jpg

階段とはしごを登ったあとは、市庁舎を見ながら優雅なひととき
f0038407_7595946.jpg

アップル・シュトゥルーデル。 あぁ、おいち~
f0038407_82322.jpg

いちおう、『ブログねた』として↓
f0038407_824391.jpg

また買うてもーた、『シュネーバル』=「雪の玉」。 街の名物お菓子。 でもバスの中で食べるとドライバーさんの激怒を買います、間違いなく。。。 ほろほろと生地がくずれるんです..
f0038407_853836.jpg

ケーキ屋さんの角砂糖には「市庁舎」がさりげなくプリントされていて、感激^^

街の壁を出てホテルまでは15分くらい。 今日はよーく歩いたわ。
f0038407_87433.jpg

辛口のフランケンワインとともにいただきましたのは、
f0038407_883445.jpg

マールタッシェン」というお料理。 パスタの仲間で、お店によって形がいろいろ。ここのは細切りバージョン。完食!
お食事のあと、お客さんと一緒に、外のテラス席でビールでまたまた乾杯。 夜の9時を過ぎてもまだ薄明るい初夏のドイツ。 カラッとした空気のおかげで、これまたビールが進んで...レポート、これで3日分溜まってるやん。。。明日こそ...

翌日は『ロマンチック街道』をロマンチックな気分にひたりながら(旅は想像力が大事)、ドライブ~。 途中、『ネルトリンゲン』という市壁に囲まれたかわいい街で休憩。 
f0038407_818155.jpg

日曜日の朝で、街はとっても静か....あ、起こした??
f0038407_819866.jpg

こういう看板が立ってんですよ!ドイツに。 日本にも「ロマンチック街道」があって、なんでもドイツのそれと姉妹街道締結しているから。 日本語の看板。。。どうよ?

ドイツのサービスエリアのトイレはね、
f0038407_8244160.jpg

有料ですよ、ここに50セントコインを入れると切符みたいなのが出てきて、それはお店で使える金券になってまーす。 で、中に入ると、 
f0038407_8214251.jpg

こんなのが壁についていて、
f0038407_822269.jpg

開けるとオムツを替えることの出来るスペースに早代わり~、プラス無料のオムツが置いてありました。 

さて、この日は「ノイシュバンシュタイン城」の観光。 みんなでバスに乗ってお城へ向かいました。 バスを降りたら山道を散歩しながら入り口へ...
f0038407_8283914.jpg

てくてく...
f0038407_829750.jpg

湖もばっちり!きれい~

この日はお城のある村から15分くらいのところにある、「ホッペン湖」のそばに建つ山小屋風のホテルに泊まりました。 目の前がホッペン湖よ↓
f0038407_8312060.jpg

まるで絵葉書ですね^^
f0038407_8313866.jpg

あら、また...これはバイエルンで良く飲まれている人気の「バイツェンビール」~大麦のかわりに小麦が使われているビール。
f0038407_8325789.jpg

いい気分になって、外に出たらこんな素敵な風景が...

明日は国境を越えてオーストリアへ。 『インスブルック』の散策のあと、モーツアルトの生まれた街&サウンド・オブ・ミュージックの舞台『ザルツブルグ』へ向かいまーす!ド!はドーナツのドぉ~、レはレモンのレェ~...
[PR]
by isaisa0108 | 2007-05-23 07:52 | ドイツ

春ドイツ

バタバタとあわただしくヨーロッパ5カ国、15日間の長い周遊ツアーがスタート。今回は..『お2人で7桁』というこれまたグッドな価格です。素敵。総勢18名様のお客様とともにスイスインターナショナルエアラインズで成田からチューリッヒに向けて飛び立ちました~
f0038407_4514777.jpg

たまたま同じ飛行機に乗り合わせた同僚のYくん。 初イタリアということで夕べは一睡もできなかったそうです。 機内で一生懸命に熟睡本を読んでいましたよ。最後の晩餐の予約が取れなくて、しかも2台口で、もう一台は予約が取れていて、2日目はミラノの観光プラス代替案の博物館見学→ベネチア(泊)、翌日ベネチアs/s→ベローナに戻って観光→フィレンツェへ。 あぁぁぁ~!というこれを読んでくださっている添乗員のみなさんのため息が聞こえてきそうですね。 がんばれ、Yくん!

スイスインターナショ...(長いので省略)は、機体はきれいだが個人用テレビのプログラムが少ないことに、やや不満を覚えながらも無事にチューリッヒに到着。 飛行機を乗り継いでドイツのフランクフルトへ約1時間。 到着後は2連泊する(珍しすぃ~っ)ヒルシュベルグという町に向かいました。
f0038407_525664.jpg

どんどん日が長くなっているヨーロッパ。 この日のフランクフルトの日没は夜の9時!8時半を過ぎてもまだこんなに明るい~

のどかな田舎町にあるホテルで、お化粧も落とさずに服着たまま寝て、朝はハト小鳥のさえずりで目を覚ましたわたし。  朝ごはんでも食べて調子を整えましょう~↓
f0038407_555344.jpg

がつん、とドイツパンでお腹を満たして出発~!
この日はまず『ライン川クルーズ』へ。 リューデスハイムという街までドライブ、その後すこーし『つぐみ横丁』でフリータイム。
f0038407_51332100.jpg

斜めにしてみてね
f0038407_5141054.jpg

おいしい『ラインワイン』が店先にずら~り
そして、やって来た船に乗り込みました。
満員御礼。この船、沈没するんちゃうか?と思うくらいの人・人・人...
f0038407_595221.jpg

お天気も良くてさわやかなクルーズのひと時...
f0038407_5163727.jpg

ぶどうの葉っぱも青々
f0038407_5171963.jpg

♪なーじーかわぁ、しーいーらーねぇーどぉー...『ローレライ』。 注・左横のおっさんではありません。 「ええっ、きれいな女の人とかじゃないんですか??」→イメージと本物は違うんです
このあたりでライン河は急に流れを変えるので、昔はよく船が転覆してたんだそうです。 ま、よくある話ですね、きれいな女の人が歌う歌にうっかり気をとられていて舵を取りそこなったとか、なんとか....

2時間の船の旅のあとは、お昼ですね。 今日はちょっと趣向を凝らしてワイン畑の中にあるレストランでワインの試飲(感激!)とあわせて楽しませていただきました
f0038407_5223634.jpg

ぶどうのトンネルだ~
f0038407_5232777.jpg

階段を降りると...
f0038407_524644.jpg

樽がずらーり
f0038407_5252051.jpg

周辺はオーナーのPeterさんの畑が広がっていて、
f0038407_526172.jpg

ほら、もうぶどうの実が...^^
f0038407_527092.jpg

Peterさんにワインテイスティングの方法を習っています。グラスをこうして傾けて...
[PR]
by isaisa0108 | 2007-05-19 05:01 | ドイツ

怒涛のごとく...

はーい、みなさん!やっとのことでPCの修理が終わりました。長かった日々。。これからは落っことさないようにしまーす。
では、もう1週間前になるけれど、駆け抜けた3カ国7日間の様子をお伝えしましょう。(早くしないと記憶が遠のく...)

今回の7日間「ヨーロッパ初めて」というお客様が大半。 なにせ1週間でドイツ・スイス・フランスを見られるわけだ。しかもこのお値段で(15万円でおつりがくる)。 きっと1ヶ月も有給休暇があるヨーロッパ人が聞いたら卒倒するだろうな。 もしくは「いいねー、この町に7日間もいられるの?」と、さも当たり前のように聞いてくるだろう。 おっほん、ジャパニーズ・ツーリストに不可能という文字はないのさ。 ではさっそく第一の訪問国のドイツから~

成田からフランクフルトまでひとっとび。今日も安心あったか明るく元気な『全日空』のご利用、ありがとうございます!あー、なんて楽チンなのかしら、言葉が通じるって。おかげで私は寝不足なぞなんのその。 パーソナルテレビで映画ウォッチングさ。 あとはZzzzz。。。

次の日はハイデルベルクの観光。 ずいぶん明るくなる時間が早くなった気がするな。緯度が高いヨーロッパは夏と冬の日照時間が大きく違うので、観光も日の出・日の入りの時間を気にしながら進めていかないといけないのよね。 お天気もいいなか、ハイデルベルク城へ。 門の入り口では「水仙」や「クロッカス」のお花が咲き始めている...まだ2月なのに。 地球温暖化はこうして世界を回っているとつくづく実感するのです。 
f0038407_18104613.jpg

ハイデルベルク城。 このお城に来るたびに「ヨーロッパ研修」を思い出してしみじみと物思いにふける私。。。
旧市街も駆けるように見学したあとは『古城街道』を通って『ロマンチック街道』にあるローテンブルクへ。なんかややこしい? 私もヨーロッパ添乗を始めたころはよーく間違ってマイクで堂々と話をしていました。「ハイデルブルク」やら「ローテンベルク」やら何やらかんやら。。添乗員でさえこうなのだから、お客さんはもっと「」な感じだったことだろう。あとは「笑顔」でカバーしてたよなー。 今はそのフレッシュな笑顔も武器として使えなくなりましたので、きちんと正しくマイクでお話しています...。

f0038407_18175291.jpg

ローテンベルクローテンブルクでのランチ。 この丸っこいものは「じゃがいも」(ドイツですね!)を使ったジャガイモ団子。もちもちしておいしいの。 あとは手打ちのパスタね。これもモチモチ。
街はドイツ風の木骨組の家が立ち並んでいて、まるでおもちゃ箱のよう。 ここでは名物のお菓子「シュネーバル」を購入。
f0038407_18485069.jpg

10センチくらいの丸いボール玉の形で、帯状にきった生地を絡めて揚げて粉砂糖をまぶしてあるものが基本。 あとはチョコレートをかけたり、ナッツを散らしてあったりとバリエーションも豊富ですよ。 1個1.5ユーロくらいから。 間違ってもバスの中では食べないように。ぼろぼろこぼれて、掃除するドライバーさんにおこられてしまうので...!

3時の「マイスタートゥルンク」を見て(市長が一気飲みして町を救ったというエピソードをもとにした仕掛け時計。 見る人はあくまでも「中世風だ」ということを頭に入れておきましょう。「動いてへんやんかーっ!!」と怒らないように...)、バスで走る走る、一気に南のオーストリアとの国境ちかくのフュッセンへ。 ついたときはもう真っ暗。 でも泊まったホテルのオーナーさんが大の日本びいきの方で、以前神戸の震災のニュースを聞いて親を亡くした子供たちをドイツへ招待したこともある、心の大きなおっちゃん。 そんなオーナーさんは私たち日本人ツーリストのために「カレーライス」を作って待ってくれていました。 子供にだけではなく、大人にも心のひろいオーナーさん、ありがとう!(さ、食べようと思ったら炊飯器も鍋も空っぽ...。心広くなれない私)
f0038407_1834037.jpg

ちぇっ、と舌打ちしてそれでもいただいたビールのおいしさに心和むひととき。

次の朝はが降ったぞ~。今年は東京は雪が降らないままに「春一番」が吹いてたものね。 久しぶりに見た雪にみんな歓声をあげてました。今日は『ノイシュバンシュタイン城』の見学。発音を間違うと「9匹のブタの城」になるので気をつけましょうね。 冬の間は雪が積もっているのでほとんど走っていないミニバスがうごいていて、これもびっくり。まあ、山道を歩かなくていいので楽といえばいいんですけどねー、温暖化の波。。。 標高があがるにつれて外に見える景色のすばらしさに皆さん興奮状態!この日は朝にが降って、すぐに晴れたので雲(もや?)の上に出たかんじ。
f0038407_1836862.jpg

途中バスを降りて「マリエン橋」から見えたお城の美しさといったら...↓
f0038407_18325212.jpg

ちょっとこれ、どうですか?わたしってプロ???
お城も冬だからすいていて、ゆっくり見学できました。 
f0038407_18554795.jpg

山を降りる途中、おいしそうなにおいがどこからともなく...ふむ、なにかしら?
f0038407_18355054.jpg

おおーっ、なにかしらこれ?とおにいちゃんに聞いてみたら「ババリアン何とか」と言ってました。初めて見たので食べようとしたら5つで2ユーロ。 さすがに5つはいらへんしなあーと思ってたら「こっそり」おにいちゃんんがひとつくれました。 あ、ありがとうーっ!!
f0038407_18385247.jpg

揚げたてのお菓子はふわふわでアツアツ、とってもおいしかった。 ダンケシェーン^^

f0038407_18482476.jpg

今日のお昼はドイツ風ラビオリ「マールタッシェン」。 かなり大きめサイズでぎっしり中身も詰まっています~。でもおいしかったので、ぜんぶ食べました~。 デザートはリンゴのお菓子。
f0038407_18475666.jpg

はい、ごちそうさまでした

午後は音楽でもかけながら移動だ移動!なにせ今晩私たちが泊まるのはドイツではなくスイスなのだから。。ゆっくりしてはいられないわよ。 音楽かけたら皆さん5秒くらいでZzzzz。 私も3分くらい熟睡したかも?すごい短期集中睡眠。。♪
実はドイツからスイスに抜けるには途中で30分くらいある国を通らないといけないのです。 それはどこかとたずねたら~『オーストリア』!すごいぞ、1週間で4カ国周遊だ!でも手続きもなにもなく、見落としそうな看板でちっこく「オーステリッヒ」って書いてあったくらい。。控えめだわ。
f0038407_18543679.jpg

せっかくなのでオーストリアでトイレ休憩。 これはオーストリアのミルクコーヒー、「メランジェ」。

そしていよいよスイスに入りました~。 スイスの国旗のはためく国境を越えて(日本人でーす、37人乗ってまーす、以上で手続き終わり)、めざすは「インターラーケン」。 途中チューリッヒ湖を眺め、ルッツエルンを越え、峠を走り、到着。。。はー。 夜は外のレストランへお出かけ。
f0038407_18585244.jpg

ポークピカタとパスタ。 とってもおいしくてみなさんぺろりと平らげてましたよ。
f0038407_18593465.jpg

デザートはカラメル味の不思議なクリーム。

そして翌日、スイスはお天気に左右される!夏でも3日間なーんにも見えなかったこともある!(しかもたっかーいツアー料金の時に)。 それが今回、どーですか、この快晴ぶり!!
f0038407_1922186.jpg

朝から山がくっきり!fromホテルの窓

さ、バスの中はヨーデル音楽花盛り~♪♪、みんなの顔も笑顔ですね。 今回は「グリンデルワルド」(長野県安曇村と姉妹村)から登山列車にのって、途中クライネシャイデックで乗り換えて3454メートルの「ユングフラウヨッホ」駅に向かいまーす!らんらんらーん
f0038407_1951499.jpg

ひゃっほーっ、乗り換え駅のクライネシャイデック。 まだまだスキーシーズンなのね。 でもね、ブログのスイスのところを見てもらうとわかるように去年3月にいったときはまだまだ雪がどっさり積もっていて、しかも雪がまだ降っていたのよね。 でも今年はどーよ!が見えてるよ、芝が! それに山の谷間を流れる氷河も丸見え。 雪合戦しようと思ったのに雪が固くてできない!きっと雪が降っていないのだろうなあ。 おっかしいぞ~、地球温暖化...。
f0038407_1991920.jpg

ヨーゼフも困っているぞ...
それにしてもいい天気、雪が解けるのも無理ないか。。
f0038407_19102580.jpg

うおーっ、また頭の皮がめくれるう~
f0038407_191050100.jpg

アレッチ氷河もばっちり!
前回のペルーツアーで3800メートルに行ったから、ぜーんぜん平気と思っていたら意外と呼吸が苦しかった。。増えた赤血球は普通に戻ってしまったようです。。。
f0038407_19131028.jpg

やっほ~っ

f0038407_19134092.jpg

クライネシャイデックに戻ってお昼ごはんでーす。みんな山を見ながら外でお食事していて楽しそうだったなあ~。 老若男女、スイスはスキー天国。
f0038407_19145850.jpg

七面鳥の煮込み。それとジャパニーズ用にごはんとキャベツの千切り。 きたるべく夏のシーズンに備えてメニューも日本人好み??

さ、山を降りるわよ!なんといっても、今晩私たちが泊まるのはパリ。 しかも新幹線に乗るのでゆっくりしていてはセーヌ河のほとりで野宿する羽目に...ぐずぐずしてはいられないのよっ!しゅっぱつだーっ!!
f0038407_19175277.jpg

楽しそうにスキーをする人たちを見ながら下山しまーす
f0038407_19182556.jpg

ほらねー、雪ないでしょ??

さて、午後はレマン湖のほとりの国際都市「ジュネーブ」目指してひた走り。 ドライバーさんも大変だ!がんばってー!途中のトイレ休憩のあたりから見える看板も店員さんの言葉もフランス語に変わっていました。ボンジュール!

さてと、ジュネーブのコルナバン駅でアシスタントさんと合流。 
車内で食べるおにぎり弁当を受け取りまーす(以前は幕の内弁当だった。が、あまりにも強いしょうゆ臭にフランス人からクレームあり。それ以来こじんまりしたお弁当になりました。 でも気持ちわかるよ。。)。 その後は、しばらくフリータイム。 アシスタントさんおすすめのパンやで4種類くらいパンを買い込む私(おにぎりのことをすっかり忘れてた)。 みんなでスイスの出国審査&フランスの入国審査をホームへ上がる前に済ませます。手続きはパスポートをちらっと見せるだけ。いたって簡単。わたし何度もここをパスポート見せずに通ってるもんね。さ、やっとここでフランス新幹線T・G・Vに乗り込みまーす。 パリまで約3時間~。当然アナウンスなんぞなく気がついたら動いてましたね。みんなにお弁当を配ったらあとはZzzz。 と思ったらいろんなお客さんから差し入れが。。。中にはスイスの牛乳を下さった方もあり。 新幹線で牛乳って...。

夜の11時前にパリのリヨン駅に到着~。 ポーターさんに荷物を運んでもらってバスへ。 ああ、着いたわ、パリに... 今朝、たしかスイスの山に登ってたよなあ~。 感無量。。。

パリの様子はまた次回に。 で、明日からパリ6連泊行ってきます!
[PR]
by isaisa0108 | 2007-02-28 18:15 | ドイツ

ヨーロッパツアー

久しぶりのヨーロッパツアーです。 8日間で3カ国も回るという超ハードスケジュール。でも考え方によっては8日間で3つも国を見られるなんて、お得感いっぱい。でも私はヘロヘロ...それでも今回は春休みということもあって、おじいちゃん&おばあちゃんとお孫さんの組み合わせが多いようです。すごいなあ、小学生でヨーロッパ旅行できるなんてー。いつもより年齢が低めでまたちょっと楽しみ。

最初の訪問国、ドイツに向かいました。 世界に広がる信頼の翼『全日空』でぶーんとひとっ飛び。到着して翌日はハイデルベルグという大学の街を観光しました。お城から街を一望して、旧市街でちょっとお散歩タイム。お客さんを放ったらかしてしばらく自由にしてあげて一人裏道をこっそり散策。うひひひ、楽しいな~。すると何やら日曜日なのに人の出入りの多いお店が...何かしらん?と思って行って見ると...なるほど、パン屋さんでした。日曜日でも開いている訳ですね。香ばしい匂いが漂ってきて幸せな気分になりました。店先には来月の復活祭(イースター)のためのうさぎやたまごの形をしたチョコレートも並んでいました。
f0038407_7282133.jpg

世界に広がる信頼の翼、全日空でございます。後ろではインド航空が定時出発。何でやねん!
f0038407_7302623.jpg

国際線就航20周年記念のマーク付きケーキ。おつまみも20%増量で~す。
f0038407_732927.jpg

街で評判のパン屋さんのショーケース。うさぎの巨大チョコレート発見!
次に向かったのはロマンチック街道沿いの街、ローテンブルグ。ここは本当にかわいい町並みが残っていて、これぞドイツ!という場所です。まずはお昼ごはん。ドイツでは『シュパーゲル』と呼ばれている白アスバラがもう出ていて、わたしもこっそりいただきました。去年は白アスパラのアイスクリームを食べたような...日本の筍と同じような感覚、ヨーロッパの人たちにとっての春を感じさせる食べ物なのですね。その後は街の散策へ。教会や市庁舎、広場、仕掛け時計などを見学。街の名物お菓子『シュネーバルン』(げんこつ位の大きさの揚げ菓子、バス内で食べると運転手さんがとーっても嫌がるお菓子。パラパラ落ちるから..)も買って食べました。

ちょっと運動しようかな~と思い、市庁舎のてっぺんまで登ってみました。最後に強烈な傾斜のはしごを登ったら...
f0038407_7414257.jpg

見てみて~、きれいでしょ。こんな景色が1ユーロで楽しめるなんて、お得感さらにアップ!
f0038407_7445322.jpg

熱々の白アスパラガスをいただきました。
f0038407_7513589.jpg

ドイツといえば、やっぱりコレですわね~。ミュンヘンのホフブロイという醸造所のビールでーす。

かわいい町並み散歩の後は、オーストリアアルプスに近いところにあるノイシュバンシュタイン城に向かいました。まわりの畑には雪がまだかなり残っています。泊まったお宿はこじんまりしていてお気に入りのところ。夜は玄関を閉めるので鍵を渡されるのよね。いいなあ、のどかで。 夜はお城のライトアップも見えました。次の日は快晴~。ルートビッヒ2世という見た目かっこいいけど精神的にかなりやばかった王様が自分の理想を求めて、国が傾くくらいのお金を掛けて作ろうとしたお城はあのディズニーのシンデレラ城のモデルになったとか。確かにお城らしいお城かも。雪道を森林浴しながら歩きました。この後はバスに乗って途中オーストリアを抜けてスイスへ~
f0038407_825646.jpg

東京ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになりました。
f0038407_844677.jpg

雪がたくさん残っていたので、雪だるまを作りました。
[PR]
by isaisa0108 | 2006-03-30 08:08 | ドイツ