幼稚園生の1人息子とのドタバタな毎日の記録♪

by isaisa0108

<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

修理費が。。。

明日からツアーがはじまりまーす!
ひっさしぶりに遠く南米まで飛んでいってきまーす!
14日間のペルーへ。。。すでに頭の中では♪「コンドルが飛んでゆく」♪がリフレイン中~

そんな心浮き立つわたしを奈落の底へ突き落とすショッキングな事が判明。
パソコンがやっとつながるようになった事は昨日、報告させていただきました。 それも一度買った状態にもどすという面倒な作業の末のこと。 そして、今日こそは...!と息巻いて電話して今の状態を話したら...

『どうもパソコン本体が無線LANの:@¥%&#....何とかかんとか。ゆえにハードディスクが故障している可能性があります。場合によっては修理費が8万円もしくはそれ以上かかる場合があります』って。

は、8万円って。。。なにそれ?
久しぶりに買ったら当たった年末ジャンボ宝くじ(!)の貴重な『3300円』もそれにつぎ込むことになるのでしょうか?いえ、そんなことでは到底及ばない金額じゃーん。。。。あぁぁ

結局、この仕事と次の仕事が終わってから修理に出して、それで簡単に修理できれば連絡してもらうことになりました。 いまLANでつないでいるけれど、これがあの南米のペルーでもつながるのか?! どーなんだ?!

と言っても仕方ない。不安を抱えつつも行ってきます。。。
「乞うご期待ください!」とは言えないけれど、ほんのすこおーしご期待ください...(かなり低姿勢)。
f0038407_1845175.jpg

京都みやげ。 最近『お干菓子』が好きなわたし。『和三盆』のやさしい甘さに首ったけよ。ちなみにこの包みをほどいた甥っこ(別名=おっぱい星人)は、『ああ~っ、おっぱいだあ~』と歓声をあげていました。 あとは近くに住む素敵なM子さんのおススメのお酢、その名も『好きど酢』。これを一振りすれば、でなんでもおいしい酢の物に早変わり。おいしおすえ~
[PR]
by isaisa0108 | 2007-01-29 19:17 | 普段の暮らしから

アナログな人

みなさん、おひさしぶりでございます。

京都での精神修行を無事終え(?)、東京に戻ってまいりました。
京都へも愛用のパソコンを持っていったのですが、いつものよーに羽田空港でかるく落としてしまい...「ま、いつものことやし、大丈夫やろ」とかるーく見ていた私。

さて、戻ってきていつものようにブログをアップさせちゃうぞおーっと電源入れてつなげようとしたら....

つながらない

押入れからマニュアルやらディスクやらをがさごそ取り出し、わけもわからず机に並べる私。週末とかさなって、サポートダイヤルも混んでる様子。
ただいまの待ち時間、約15分です」...
携帯電話しか持っていないわたしは電話代がどんどん上がっていくことも止められないまま、
電話を耳につけたまま、15分間待ちましたわよ。あー、今日中に直さないと次のツアーにもっていけないやんかー! 次のツアーはちなみに南米ペルー。なかなかしょっちゅういけない国だけに、ブログ魂が燃え上がっているというのに。。。そこに水を差すようなこの事態。

そして、今日曜日の午後6時過ぎ。なんとか有線LANではつなげた!奇跡だ!!
さあ、今から無線設定が私を待っている。。どーすりゃいいのだ?
こーゆーときにパソコンとかいろいろ詳しいボーイフレンドが近くにいればいいのにいぃぃ~
ないものねだり

アナログな人間はこれからますます生きていくことが難しくなるぞ。

そんな時代を先読みしながら、ふと不安が心によぎった今日この頃でした。

ps. あのー、イタリアの写真も一気に消してしまいました。。。次回に乞うご期待ください!
[PR]
by isaisa0108 | 2007-01-28 18:23 | 普段の暮らしから

バトンが

精神修行とは口ばかり、実家の京都で堕落した生活を送っているわたくし。
そんな私のもとへトルコ在住のasakosaruさんからバトンが周ってきました。
なので、いそいそとお答えしちゃいまーす。

1 始まりの合図は?

「あーあ、あ。」 意味は特になし

2 身長は?

163センチ。毎年行ってる健康診断では微妙に伸びてたりする。

3 身長に比べ体重は? 

この間体脂肪を図ったら「肥満」に位置づけされていた。。。かるくヤバい。

4 体型は? 

ふつう でも↑....。

5 髪質は?髪型は? 

くせ毛。梅雨の時期はかなりゆーうつ。なので今は無理やりストレートにしています。長さは肩につくくらい(カットに行くお金をケチっている)。

6 目について

ブルー。うそ。でも視力はすばらしくいい。今でも裸眼で1.5(実際は2.0のマークも見えるのだけれど、見えすぎると恥ずかしいので、わざと「見えません」と言っている)。

7 顔について

うーん....両親のDNAを見事に受け継いでいるといえましょう。

8 誰に似てる?

最近言われたのは「青木さやか」。あと遺跡から発掘された「犬」の置物とか。むかしは「志村けん」とか「原田伸郎」とか言われた事がある。喧嘩売ってんのか!

9 好きなものをたくさんあげてください!

昼寝。部屋の模様替えおよび掃除全般。物を捨てる事。空想。温泉。温泉タマゴ。堅あげチップス。トルコ。トルコ料理。がらがらの飛行機での真ん中4席、もしくは窓3席の独り占め。やじきた(京都の甘味屋さん)。三条大橋のスターバックス。銭湯。何も予定がない休日。つかず離れずの関係。

10 嫌いなものをたくさんあげてください!!

予定がびっしり詰まった休日。底冷え。蒸し暑い夏。音を出して飛ぶ蚊。ゴキブリ。名前のわからない虫全般。真夜中のこむら返り。霊感の強すぎる人。わがままなお客さん。ベタベタの関係。満員電車。
 
11 自分の心に響いた言葉は?  

命短し、恋せよ乙女

12 1日の中で1番好きな時間は?   
  
仕事から帰ってきて、堅あげチップスをぽりぽり食べながら、おもしろいテレビを見ているとき。
   
13 自分ってどんな人に見えると思う?  

一見、優しそうに見えるらしい。でも本当はいけず。かなりいけずかもしれない.... で、ええかっこしい。あら、わたしって、いやな人??でもそんなふりは微塵ともみせないプロ根性~^^


となりました。さっそくバトンをまわしましょう。回ってきた皆さん、お願いいたします!
さ、週末はブログアップに命を賭ける予定どすえ~
[PR]
by isaisa0108 | 2007-01-24 21:41 | 普段の暮らしから

すこし休憩

久しぶりに実家の京都に戻ってきています。
ここでイタリアの様子をブログにアップしようと思っていたけれど、パソコンの調子がいまひとつ良くなくて写真が載せられない!

ということで、来週末まで「トレビの泉」「真実の口」などなど、ローマ紀行はしばらくお待ちくださいませ。。。

で、忘れてなかったら遊びにきてください~^^

わたしはしばらく京都で精神修行に励みます。。。あとおしゃべりインコの「ぴーちゃん」のお世話と。(得意な言葉は「ほーほけきょ」。季節感なし...)

三輪明弘の言葉「へこんだときは感情を横において、理性だけで考える事」、なるほどさすがはオーラの泉だ。トレビの泉も真っ青。

心に響く言葉としてとっておこう。
それにしても久しぶりに食べたお魚たっぷりのお鍋に胃腸がびっくりしているぞ。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-01-19 23:28 | 普段の暮らしから
花の都、『フィレンツェ』にやって来ました。街のほとりをアルノ河がゆったりと流れる、トスカーナ州の美しい街。わたしがイタリアでいっちばん好きな街。
f0038407_20451634.jpg


そんなフィレンツェに2泊の予定。ホテルも街から徒歩で40分と、歩いていこうと思えばいける距離、ラッキー!(えっ、40分でラッキー?と思った方。はいはい、格安ツアーでは普通地図に載ってないところに泊まることがほとんど。だから歩いていけるだけでもすごーくラッキーなのさ)。
そして、そして今回は超ラッキーなことにたいへん残念なことに、オプショナルツアーが催行されなかったのです。ということは....フィレンツェ終日フリータイム??、しかも食事がついていないので、皆さんそれぞれお好きなものをお好きなところで...

大ラッキ~!!

それでも一応きちんとお仕事をする私。翌日はご希望の皆さんを一緒にアルノ河をてくてくと歩いて街の中心に向かいました。ええ、40分歩いて...。無料にかなうものなし!

街の中心「シニョーリア広場」にはもう観光客のみなさんがいっぱい。ここでいったんフリータイム!ほとんどのみなさんがすぐそばの『ウッフィッツイ美術館』へ。
f0038407_22412555.jpg

冬のヨーロッパはどこも空いていてゆっくり見られるのがいいところ。夏はすごい人で列に並んで入る美術館も今日はすいすい、だったそう。みんな見てきたかな?ボッティチェリの『ビーナスの誕生』とか『プリマベーラ』、あとはダビンチの『受胎告知』とかラファエロの絵もたくさんありますね。世界の宝物がたくさん詰まったウッフィツイ美術館に展示されている絵画や彫刻はその昔、メディチ家の人たちが集めたもの。今はフィレンツェ市のものとして一般公開されています。皆さんもフィレンツェに行ったらぜひお立ち寄りください!感動の嵐ですわよ~
f0038407_21553930.jpg

今日も朝はBARで。いつもフィレンツェに来たら食べている「お米」を使ったタルト。ここのお店のものは真ん中にジャムがのっていてさらに美味しさ100倍でした。カプチーノと一緒にいただきました。2.7ユーロ。あ~、幸せ。生きてて良かった。。。私って単純。。

さて、お腹はふくれ、お客様も観光&買い物に散っていかれました。。。
さ、ここからだ!(なにが?)。今日は歩くぞ~、フィレンツェ。まずは大好き「露店市」と「市場」からスタート!おっと、そのまえにフィレンツェの花の大聖堂『ドゥオモ』のまえを通ります~
f0038407_2201492.jpg

ピンク、みどり、黒などいろんな色の大理石を使って建てられた大聖堂。ほんとうに華やか。。
f0038407_2241232.jpg

でもわたし、この仕事を初めてまもない頃、泣きそうになりながら大聖堂の前を走り回ったことがあります。なぜ?→お客さんを連れてバスを降りたはいいが、夕食のレストランの場所がわからなかったから。ジェラート屋のおっちゃんや、他のレストランのおじちゃんたちに聞いてやっと見つけたときの感動。。。ああ、みんなありがとうっ!!
f0038407_2285035.jpg

そのときを思い出しながら、「ジェラート」をいただきました。今日のフレーバーは緑色が「ピスタチオ」、茶色っぽいのが「」!おいちーっ!

それにしても、この時期。わたしににとっては誘惑が多すぎる。。。↓
f0038407_22102239.jpg

えっ、50%off?
f0038407_22115378.jpg

こっちのバッグもいいなあ~
f0038407_22121538.jpg

Max&Co.、お前もか。。。
f0038407_22144236.jpg

老舗のお菓子屋さんはこんな可愛いパッケージに手作りのお菓子を入れてくれるのです。フィレンツェらしいお土産ですね。胸キュン。

おっと、見えてきたぞ~露店市。大聖堂から10分くらいで到着~
f0038407_2304080.jpg

お~、賑わっているな。
フィレンツェは皮製品が有名。あの有名な○ェラガモの本店もここフィレンツェ。でもわざわざ高いお店に行かなくてもこんな露店市でも素敵なかばんやお財布が手に入るんです。ここで買った牛革のパスポートホルダーは今もお気に入り。

そんな露店市をひやかしながら歩いていくと見えてきた来た、『市場』。その市場に入るまえにいつもの腹ごしらえ。ここでは必ず食べなければいけないものがありますっ、それは..↓
f0038407_22204186.jpg

じゃじゃ~ん、「モツ煮込み」!2.3ユーロなり~
お姉ちゃん2人が市場の入り口そばの屋台で売ってます。これ、臭みがなくて本当においしいの。ぱっぱっと包丁で細かく切ってくれて上にピリ辛唐辛子ペーストと緑の野菜を刻んだものをのせて渡してくれます。食べ始めたら体がぽかぽかしてきたぞ。市場入り口でモツ煮込みを食べる東洋人の不審な女ひとり。。。それは私。でもほんまにおいしかった。イタリア人は赤ワインと一緒に食べたりしてますよ。
f0038407_22262050.jpg

商売繁盛、もつ煮込みに幸あれ!

さ、お腹もほどよくふくれたので、これから市場に入りまーす!おもしろいよ~フィレンツェの市場。月曜日から土曜日まで毎日朝の7時過ぎから夕方5時ごろまで開いてます。ツアーでは行かないので、こっそり行ってみてちょ。
f0038407_22283336.jpg

新鮮な野菜果物がいっぱい。もちろん一つ一つ手にとって匂いをかいだり、重さを確かめて買います。
f0038407_22292019.jpg

シチリア産のドライトマト。プチトマトを干したのってめずらしい。味見したらすごーく甘くておいしかったでーす
f0038407_22304151.jpg

お肉もおいしそうだったなあ~、生ハムも種類がたくさん!
f0038407_22313699.jpg

ズッキーニのお花。ひき肉を詰めてフライにして食べるとおいしいんやって!
f0038407_22322672.jpg

うわ~、これはイタリアの「マツタケ」、『フンギ・ポルチーニ』!!炊き込みご飯にしてもおいしいし、パスタ料理にも、ステーキにのせても美味しい。とおーってもいい香りがぷんぷん。
f0038407_2234524.jpg

でっかーいパルミジャーノチーズ。ごしごしすりおろして食べたり、薄ーく切ってサラダに散らしても。
f0038407_22352213.jpg

お菓子やさん。市場の中にもBARがあって、おじいちゃん達がもそもそお話を楽しんでいました。

今日買ったものは「ドライトマト」と年末から今年はじめにかけて絞られた新しい「オリーブオイルの缶入り」。軽いものと重いもの、微妙にバランスとってます。。

よく歩いた後は、エスプレッソでも飲んで休憩。。。シニョーリア広場ではこんなシールを買いました↓
f0038407_2238564.jpg

知る人ぞ知る、ピノキオの話を書いたのはイタリア人、コローディさん。だからピノキオグッズが多いのさ、イタリア。自転車に貼ろおーっと!
f0038407_22441636.jpg

アルノ河にかかる有名な『ポンテベッキオ』(ベッキオ橋)。ずらずらずら~っと金銀細工のお店がならんでいます。ひとつうう~わたしにくださいなあ~♪
f0038407_22455012.jpg

シニョーリア広場近くにある美味しい手作りジェラート屋さんに再び立ち寄るわた
し。。。

よし、ここで本日のメインイベント!『ジョットの鐘楼』に登りにいくわよ!階段オンリー、その数400段以上!人生は挑戦だ!行くわよ~っ!
さすがにオリーブオイルは持って上がるのは重いので受付のおねえさんに頼んで預かってもらいました。6ユーロ払って、いざスタート~
f0038407_22482477.jpg

ひたすら続く階段。。。また階段。。。

何年か前に上った大聖堂は外が全く見えずに、それこそ修行僧のようにぐるぐると歩き続けた記憶があるけれど、ここ鐘楼はまだ外が見えるだけまし。ましだけれど、階段が急!あと10段階段が多かったらわたし確実に心臓が止まっていたかも。。。ぜーぜー...でも1番上から眺める景色は最高でした~
f0038407_22521117.jpg

大聖堂が目の前。「冷静と情熱のなんとか...」か?
f0038407_22523964.jpg

みなさーん、「ボンジョールノオオオオ~ッ」

気が付けばそろそろ日が傾いてきていました。冬は日没が早いからちょっと大変。そしてまた私はお腹がすく。。。で、知る人ぞ知る、街角のおいしい露店?でワインパニーニ(イタリア風のサンドイッチ)の夕食↓
f0038407_22545368.jpg

ここは何年か前にプライベート一人旅でフィレンツエに来た時に見つけたお店。広場のすぐ近くにあって、間口がわずか1.5メートルくらいしかない小さい店。おにいちゃんが2人で切り盛りしています。ここのお店のいいところは、おいしいワインがたったの90セント!言えばキャンティモンテプルチアーノも2~3ユーロくらいで飲ませてくれるんです。そしてパニーニには好きな中身を挟んでくれるのも嬉しいところ。
わたしはドライトマトペコリーノチーズのパニーニにしました。パンもちゃんと温めてくれている心遣いがうれしい~^^

そんなこんなであっという間にフィレンツェの休日は過ぎていきました。フィレンツェは私の実家のある京都姉妹都市。古い町並みや職人さんが多く活躍しているということも、何となく似ている気がします。あと歩いてどこでもいけるし。楽しかったなあ~、また来たいなあ~。今度は河の向こうの「ボボリ庭園」にも行ってみたいな~。
さ、明日はいよいよ永遠の都『ローマ』へ。トレビの泉でコインを投げようっと。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-01-18 20:51 | イタリア

ボンジョールノ!

いやはや、長い間ブログをアップしていませんでした。というか、もう日本に帰ってきてしまいました。ということは...無事に乗り次ぎに成功したということですね!わずか45分のパリ乗り継ぎだったけれど、機内ではエールフランスのイケメンお兄ちゃんが親切に対応してくれ、パリについたら変な?日本語を話すフランス人の地上係員のおっちゃんが「はーい、みーなさん!こっちこっち~」と35人プラス1人を誘導してくれました。おかげで出国審査フリーパス、手荷物検査もフリーパス!と言うわけには行かなかったけれど、すいすいと長蛇の列を横目にみながら飛行機に乗り込むことが出来たわけです。成田でも無事にスーツケースが一番に出てきたし。やれやれ、ほっとひと安心でツアー終了。

それにしてもフランスのあと向かったイタリアって、ぜーんぜんパソコンが使えない!ワイヤレス対応ゼロ...現地の会社の人とお昼ごはんを一緒に食べる機会があったのだけれど「もう、ひどいですよ、イタリアは。ローマでもしょっちゅうパソコンの電源落ちるし..考えられない」とおっしゃっておりました。
なるほどねー。そうなのか。おいおい、イタリアよ、いいのかこのままで!
ということで、仕方ないので撮ってきた写真などを入れつつ、これからちょっとずつイタリアの様子をお伝えしますね~

まずはニースの街を出て向かったのは世界遺産の街『ピサ』でーす!そう、ガリレオ・ガリレイが「振り子の等時性」を発見したり、斜塔で「落下の法則」の実験をしたところ。
ニースを出て1時間ほど走るとちいさく「ITALIA」と書いた看板が。。。国境通過。
f0038407_1711697.jpg

朝は36個の荷物の積み込みで時間なし。いつもサービスエリアで朝食をとってました。イタリアの朝ごはんは『 BAR』(バール)と呼ばれるところでカウンターで。入れたての「カフェラッテ」や「カプチーノ」と甘いブリオッシュ(菓子パンだな)を立ったままいただきまーす。ちなみにイタリアではカプチーノもカフェラッテも「朝だけ」の飲み物なのよ。間違っても午後にケーキと一緒には飲んだりしない!これすると「いやあ~、あの人変やわあ~」とイタリア人に言われますから気をつけましょう~。あとはたいていエスプレッソですね。ユーロ高だけどバールの飲み物は一律料金で良心的。エスプレッソは1杯80セント、カフェラッテは1ユーロ40セントくらいだったかな。日本より安いでしょ。

さてさて、ニースを出て約5時間でピサに到着。昔はすぐそばまで大型バスで行けたのに、今は町並み保存と交通渋滞緩和のために大きな駐車場でバスをおりてシャトルバスに乗って街に出ます。おっ、ピサの斜塔が見えてきたぞ~
f0038407_1721327.jpg

斜塔といわれている建物は左横にある大聖堂の付属の鐘楼なのよ。建てている途中で地盤沈下で傾き始めて「こりゃいかんっ!」と傾きを取り戻そうと逆に傾かせてつくったので、よーく見ると『バナナ』みたいに見えるのよ。どうですか??↓
f0038407_17243021.jpg

バナナ斜塔でーす。
f0038407_17252096.jpg

あれ?なにしてるの??

そう、ここピサでみんながやってる変なポーズ。これはカメラマンと心をひとつにしてまるで「私が斜塔をささえてます!」というアングルで写真を撮っているんです。わたし、この変なポーズをしている人をみるのがとっても好きよ。面白いんやもん、みんな必死で!
f0038407_17291795.jpg

大聖堂の中。ガリレオ・ガリレイが振り子の等時性を発見するきっかけとなった『ランプ』が天井からぶら下がっています(でもこのランプ、その発見の70年くらい後に作られたという噂が。。。)大聖堂の中はきらびやかなモザイクで飾られた主祭壇や大理石に細かい彫刻をほどこした説教段や、円形アーチが規則正しく並ぶ回廊、白と黒の大理石のしましま模様など、どことなく東洋の影響を受けていた様子がわかります。なんせピサは昔は「海洋王国」として地中海で力をふるっていた街。海からいろんな文化や習慣、人が入って来たわけだ。
f0038407_17345723.jpg

2階建ての回廊
f0038407_17352675.jpg

大聖堂の西側、正面入り口。「ピサ・ロマネスク」と言われる美しい建築様式。
f0038407_17361640.jpg

ピサ生まれのガリレオ・ガリレイが洗礼を受けた『洗礼堂』。
f0038407_17394652.jpg

大理石の手彫りの彫刻が見事な洗礼盤

この中は音響効果、抜群!今日は運よくこの中で「エコー」を聞くことができました。係りの人が洗礼堂の真ん中に立って、天井に向かって「ほ~~~っ...」と声をあげると、その声がまるで天国からふりそそぐように何重にも重なって頭の上に降り注いでくるんです。。。感激。
f0038407_17412328.jpg

上の階に上ることもできますよ

ピサの斜塔は人数制限があるものの、上まで登ることができるのさ。数年前に斜塔の傾きを抑える工事が終わって、今後300年くらいは倒れないそうです(でもイタリアだしな~、本当かどうかは?)。で、今回のツアーはフリータイムがたっぷり取れたので8人ばかりのお客さんが登って来たと言ってました。エレベータなしで、すべて階段で。私も登りたいけどまだ未踏頂。。。?次は必ず...!

さて、ピサの街をあとにして一路、花の都『フィレンツェ』に向かいます。ここで市に支払う通行税はなんと320ユーロなり。。。世界遺産の街だもの。高いけれど、町並みが本当にきれいに保存されていて、わたし大好き、フィレンツェ。街の様子は明日お伝えしましょう~
f0038407_1811454.jpg

夜の町並み。。。
この日の夜はフィレンツェの旧市街の中にある素敵な『ボルゲーゼ宮殿』での夕食を楽しみました♪
f0038407_17422252.jpg

気分は王侯貴族。。。素敵な音楽エンターテイメントが行われました。
私も参加!(えっ?お客さん以上に楽しんでた?)
メニューはこんな感じ↓
f0038407_17532572.jpg

前菜はトスカーナ風。干したお肉やペーストを載せたちびこいパイなど
f0038407_17545635.jpg

セコンドピアット(第2のお皿)はアスパラガスのリゾットブォーノ!(おいちーっ)
f0038407_17585511.jpg

続いてパスタ料理。この日はズッキーニとトマトのショートパスタ。オーブンで軽く焼いてありましたな。あっちちち~
f0038407_1759524.jpg

メインはやっぱりフィレンツェと言えばお肉料理ですね。でもあのでっかい「フィレンツェ風ステーキ」(ビステッカ・フロレンティーナ)ではなくて、ささっとあぶってルッコラとあえてあるもの。すごーくさっぱりとしていておいしかったでーす。完食。。ポテトもローズマリー風味でおいしゅうございました。。。
最後にヨーグルト風味のデザートとコーヒーが出て、お食事終了。あー、満足!!やっぱりイタリアは食事がおいしい!
f0038407_183057.jpg


イタリアはよくワインが食事についていることが多いのよね。しかもボトルが空いたら言わなくても持ってきてくれるし。この辺りが嬉しいところ、イタリアの。私もお客さんにすすめられるままに、くいくいと、ビーノ・ロッソ(赤ワイン)をいただいてましたら...なんか仮面をつけたお化けが舞台で踊ってました。わたし、とうとう神経がやられてしまったのかと思った。。おほほ。
仮面舞踏会?
f0038407_1865311.jpg

2時間にわたって私達を楽しませてくれた皆さん。グラッツイエ~!
[PR]
by isaisa0108 | 2007-01-17 17:14 | イタリア

ちょっとだけおフランス

Bon jour~!
とりあえず挨拶は元気に!やってきました、フランス。夜便で成田を出て、パリ到着が朝の4時過ぎ...飛行機を乗りついて1時間半、南仏の玄関口『ニース』のコート・ダジュール空港に到着。今回はスーツケースも無事手元に届いて、ホッ。。

暑いよ~、ニース。今日は最高気温が22度。わたし半袖ですごしてました。 でもお天気でよかった。せっかく『コートダジュール』(紺碧海岸)に来てるのに、灰色の空としとしと雨降り..ってのも何回かあったので。今回のお客さんはラッキーだな^^
f0038407_594914.jpg

ニースと「天使の湾」が一望できる「モン・ボロン」展望台からの景色
f0038407_5104724.jpg

この写真では見えにくいかもしれないけれど、おっちゃんが泳いでましたわよ...さすが!

ニースについて向かったところは『カンヌ』。そう、あの「カンヌ国際映画祭」が開かれる街です。
f0038407_5142660.jpg

おっ、地中海だ。この間はトルコでお目にかかりましたね。
f0038407_5151146.jpg

この建物が「パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ」(ながっ)と呼ばれるもので、ここが映画祭の会場となりまーす
f0038407_5165311.jpg

おおーっ、赤い絨毯がわたしをお出迎えしてくれてるわ
f0038407_5173734.jpg

地面には「アラン・ドロン」や
f0038407_518798.jpg

「ソフィア・ローレン」の手形が。
f0038407_5185694.jpg

今年2007年は映画祭60年の記念年になるそうですよ
f0038407_5195277.jpg

クロワゼット大通り。ブランド店がずらーり

その後はニースに戻り、ちょこっと街を見てからホテルにチェックイン。おっ、今日のホテルは街の中心にちかいところ。素敵!そして内装もプチホテル風でGoodです↓
f0038407_5214533.jpg

ここにもトルコ同様クリスマスツリーが..ま、これはたぶんしまい忘れでしょう。。。
f0038407_5224076.jpg

プチキュートって感じ。フランスっぽいなあ~
隣が一人参加のおじーちゃんの部屋なので時々「ごほごほ」とか「おおえええーっ」とか訳わからない音(声?)が聴こえるけど、気にしないことにしましょう...。

午後はフリータイム組みとモナコ・エズ村散策ツアー組みに別れての行動。わたし?私はもちろん!
ふりーたーいむう~!いえ、本当は心の底から行きたくなかったご一緒させていただきたかったオプショナルツアーなのですが、なにしろチェックインがばたばたと忙しくて...。フリータイムのお客様の相談にも持ったりしてあげないとね。うふふ。
部屋でささっと準備して冬ばれのニースの街へお出かけしましたわよ。

街はあっちこっちで『SOLDE』の看板が。そう、いまヨーロッパはバーゲンシーズン真っ盛り!50%OFFとかいう文字も目に入ってくるわよ。「ダメダメ、見てはいけないわ。今回買うのはローマのスペイン広場のお店の手袋だけ...」という固い決意もガラガラと音を立て始めている私。意思の弱いわたし。見るもの全てほしくなってしまう私。貯金ゼロの私。どれもこれも私。。あぁぁぁ~
f0038407_5311460.jpg

デパート「ギャラリー・ラファイエット」のショーウィンドウ。ここを素通りしろとは、神様あなたは酷ですわよ...
f0038407_5321883.jpg

来月のカーニバルに向けて『ミモザ』の花があちこちで咲き始めていたニース。お花屋さんの店先には「ヒヤシンス」の球根が飾ってありました。いいにおいよね、ヒヤシンスって。
f0038407_534722.jpg

ニース名物「ピサラディエール」を買って食べながら歩くわたし。玉ねぎをオリーブ油でソテーしてピザみたいにして生地の上にのせて焼いてあるのさ。血液さらさらbyみの。

しかし、フランス。物価が高い!!!もう水さえ買えないくらい。だって空港でドーナツ一個が2ユーロとかしてるし(ミスタードーナツは一個100円やで!)。しかも今は1ユーロがついに160円に。。。おいしいショコラショーも3.5ユーロ。涙流しながら飲みました。。。

ふーん、歩行者道路を歩いていても全部が「バーゲン」状態なので、もうどれを買っていいのかわからなくなるわたし。ブーツも欲しいし、服も欲しいし、かばんも欲しいし、でも...いらない、と思えばいらないし。。。結局地元の小さいスーパーお立ち寄り↓
f0038407_5412934.jpg

おいしそうなお菓子たち

この日の夜のごはんは「サンドイッチ」と「オレンジーナ」(フランスのファンタオレンジ)でした..
そして、買ったものといえば、プチバトーのTシャツ(セールで1枚10ユーロ)、以上!
[PR]
by isaisa0108 | 2007-01-12 05:42 | フランス

パリへの想い...

明日からのツアー、エール・フランスを使います。そう、パリ直行便。だのになぜ?パリ観光が入っていないなんて。。。

わたし、トルコの次にどこが好き?と聞かれたら「フランスのパリ~」って答えるな。なんか、こう、街がピンク色している感じで、イタリアと比べるとフェミニンな感じがしませんか?そんな街を歩いているだけで、「マダム」気分を味わえると思うのは私だけ??そんなパリが今回は省かれている...

それにビビッてしまう事実が今日判明。なんとなんと、帰りのパリの空港乗り継ぎ時間がたったの『45分』...あの世界に誇る空港「シャルル・ドゴール空港」で乗り継ぎがたったの45分???
それはおかしいでしょ、と思いさっそくエールフランスに電話。

「ボンジュール、マダーム。 エスク...」 うそうそ、日本語で聞きました。そしたら電話の向こうのマダム何とかが「はい、これは荷物を積み替えられる最小の乗り継ぎ時間です。ですので、もちろんお乗りいただけない場合があります。ガチャン」。
うっそ。私達、荷物扱いでチケット発券されたのか?

次は担当者の方へ電話。
「ええ、そうなんですよねー。夜便がある場合は待ってくれないかもしれませんね」
って他人事かい?

以上まとめてみますと...私達35人パリの空港で夜明かし??
ええーっ、うそうそ、いややいややーっ。でもパリではヨーロッパの出国審査もしないといけないし、厳しい手荷物検査も通らないといけないし、45分ではぜーーーったい無理っ!

「ん?待てよ?もし夜の便に乗れるとしたら...フリータイムが8時間くらいできるっていうこと?」(しかも今はバーゲンシーズン?)
その時、わたしの頭のなかにはライトアップされた「シャンゼリゼ通り」がパアーッと浮んできたではありませんか!気のせいか、シャンソン♪の音色も聴こえてる感じ?

よし、こうなったら仕方がないっ!なるようになるっ。そう、いままで「もうダメ..」と思ったことが何回あったことか。。。そしてそのたびに乗り切ってきたじゃないの、大丈夫だ!
ひとり部屋で握りこぶしをふりかざす私。どうなるのかは行ってみないとわからない。

旅はハプニングがつきもの、だし。
ps.お客様はこのこと気がついてないと思われます。あぁぁぁぁ

行ってきます。。。

これでアンタルヤとパリに別荘買えるかな~??
[PR]
by isaisa0108 | 2007-01-09 21:20 | 普段の暮らしから

誕生日...

今日は1月8日。私が○年前にこの世に生を受けた記念すべき日なのです。さらに今年は20歳のみなさんがあちこちで暴動を起こしながらもお祝いをしてくれるという、スペシャルな一日となりました。

母から電話
あんた、何歳になったん?』って。 それは聞くまでもないことだろ。
隣で電話に出てきた甥っ子『○○ちゃん、何歳?』と輪をかけて聞いてくる。

お姉さんは答えてあげました。
3歳
へーっ、Rちゃんと一緒だね』。なわけないじゃないかーっ!!
でも素直な3歳の甥っこはあくまでも「タメ」年として私をみてくれています。うれしいような、悲しいような...

電話をくれた母はその後、お祝いの言葉を発することもなく昨日きょうと自分の身の回りの出来事を機関銃のように話したあと、すっきりしたのか、電話を切りました...

ハッピーバースデー、私。。。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-01-08 09:05 | 普段の暮らしから

トルコへの思い

あー、帰ってきてしまった。トルコから。
ツアーから戻るとまるで「冬眠」しているかのように家にこもっている私。
かるーい「引きこもり」状態におちいります。いっつも。
外に行く気がしない=人と話さない 状態が次のツアーまで続くのよ。
楽しかったツアーはその思い出を一人で浸れるので幸せな引きこもり生活。BUT辛いことが続いたツアーはもうひとりでそのどどーんと暗い思いを全身で味わってしまうという地獄の引きこもり生活。誰かに会って話をすればすっきりするのだけれど、わたしは意外と感情豊か?なため話をしていても思い出して涙が出てくるのだよ。それって話を聞いてもらっている人に悪いわよね、で、お一人さまで味わってしまうんです。

今回はトルコだったので楽しい引きこもり生活のはずが....。
ホームシック』(家ないけど)状態だ、これ完全に。
『と、トルコに帰りたーい』状態。

毎朝モスクから流れる声で目を覚まし、さっぱりした朝ごはんを食べて、時間になったらバスに乗ってキレイな景色や遺跡をめぐって、温泉に入って、おなかすいたら美味しいごはんを食べて...あぁぁぁー。

で、仕方なく自分で撮った写真を見てはトルコに思いを馳せているんです。
次は2月か...まだまだだな。
f0038407_16434672.jpg

トルコで買ってきた&いただいたお土産。見事なまでに食べるものばっかり。
ブルサの栗ジャムは今回初お目見えだ。あとは「ピシュマニエ」というお菓子も箱入り買ったの始めて。チューリップの花瓶はクルーズ船のおじさんにもらったもの。などなど。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-01-07 16:55 | 普段の暮らしから