1人息子とのドタバタな毎日の記録♪

by isaisa0108

<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

遠くに見えたよ...

来たことのある街、サンマロについてほっと一息。。チョッと余裕?が出てきたわたしは夕方(と言っても10時前)にホテルの周りをてくてく散歩。 するとこんなきれいな夕焼けが。。。感激。
f0038407_744423.jpg

翌朝はこんなレストランで朝食でーす↓
f0038407_7343285.jpg

オーシャンビューっこの日はサンマロの近くの町を訪れる一日。 まず向かったのは木骨組の家の残るディナンという中世の趣が残る街。
f0038407_7355147.jpg

ふむふむ、木骨組だ。
f0038407_7371085.jpg

街のシンボル、時計塔。 上まで階段で158段!
f0038407_7404565.jpg

一部に城壁も残っていて、きれいな町並みが望めました
f0038407_7414060.jpg

おみやげ物やさんでは「シードルボウル」がたくさん売っていましたよ^^
しばらくフリータイムをとったあとは、カンカルという街へ移動~。「牡蛎」で有名な美食の街としてしられているカンカル
f0038407_7533571.jpg

おー、牡蛎がいっぱーい!
f0038407_7542698.jpg

美食家たちがつどっているに違いないレストランがずら~り

地図を見るとわかるけれど、カンカルってモンサンミッシェル湾に面しているのよね。 へー、モンサン...んんっ??
f0038407_7494194.jpg

見えた~っ!!モンサンミッシェル~っ!一生懸命目を凝らしていたら、見えてきましたモンサンミッシェル!感激100倍^^バス中に響く大声で『うわあーっ、見えた見えた見えた見えた~っ』。 一番興奮していたのは間違いなく私。
そんな興奮気味の私たちを出迎えてくれたのは、海岸に面した素敵なレストラン^^
f0038407_7515687.jpg

時間がゆったり流れていますね。
f0038407_7525035.jpg

今日の前菜は海の幸のサラダ。 たこ・いか・海老たちの姿が。
f0038407_758283.jpg

メインは2種類のお魚のグリル。 ムール貝のクリームソース仕立。その後のデザートはクレープ。 写真撮るの忘れた。。。もっちろん、おいちかったよ^^
今日のランチタイム、2時間。 うおおお、ゆとりのあるツアーで良かった。。。
f0038407_7592480.jpg

サンマロに戻ってきたら、なにか雲行きが怪しくなっていました
f0038407_812052.jpg

雨も降ってきて寒くなったので、ちょいと温まるためにショコラショーをいただきました。 
f0038407_82449.jpg

街にはおみやげ物やさんがいっぱいのサンマロ。 
f0038407_832676.jpg

クレープもじゃんじゃん焼いてまーす!
f0038407_842544.jpg

サンマロは城壁にぐるりと囲まれた街。 そんな城壁に登ることもできまーす。
このあとサンマロは暴風雨域に。。。風速35メートルは行ってたね。 
そんな中、おばあちゃん一人迷子...なんでも友達と分かれてから1時間半以上たつのに戻ってこないって。 うわあ、どうしよう。。。 どっか連れて行かれた?もしかして暴行受けてる?それともかっちょいいフランス人にナンパされたか??とかいろいろ考えました。 で、 あちこち電話して、病院とか警察とか電話して、風速35メートルの中を斜め45度になりながら城壁までの30分の道のりを2往復して警察に捜索願を!と思って行ったのに「あ、今忙しいから後で探しとくわ。 ほんで見つかったらホテルに電話したげる」って。 どどどーん。。。
結局見つかりました、夜の10時過ぎ。 道を間違ってひたすら歩き続けたそうです。お友達にこっぴどくお説教されてたおばあちゃん。翌日からは妙におとなしく友達の後をついてきてくれてました^^ ま、失敗は誰にでもあるもんねー。そういう私も何度迷ったことか。。
で、明日の勉強いつするよ....。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-06-28 07:45 | フランス

パルドン祭り

旅も6日目。 今日はツアーのメインイベント『パルドン祭り』を見に行く日!ブルターニュ地方だけに残る伝統的なお祭りで、一年に1回、神様にパルドン(罪の許しを請う)を行うという人々にとって昔から大切なお祭り。 民族衣装を来て、村の教会でミサをして、その後村を行進をするというのが一般的なようです。 
さて、その当日。
大雨。。。 
うっそー、昨日「海の幸盛り合わせ」を食べているときはすっごいいい天気だったのにー。去年もその前も晴れていたようで、聞いてこなかった、「雨の時はどうなるんですか?」って。 失敗。。パリのオフィスに聞いてみても「日曜日で村役場が閉まっているから、行ってみないとわかりませんね」って言われるし。 そりゃそうだ。とにかくしゅぱーつ!

まずはグラニーローズ海岸といわれる花崗岩がごろんごろんと転がっているプルマナックという街へ。 せっかくなのでレインコートをすっぽりかぶり海岸へ出てみました~
f0038407_15373680.jpg

どどどどーん、波が打ち寄せています。。。
ピンク色した花崗岩でこのあたりの家は作られているので、なんとなくかわいい雰囲気。
f0038407_15383878.jpg

見方によってはかめ・とり・さかな に見えるそうですけど...どう?
しばらく散策したあとはすぐちかくのレストランでお食事でーす。 
f0038407_15454135.jpg

ヨットハーバーのそば、インテリアが素敵なレストラン~
f0038407_1540146.jpg

今日はシードルをいただいてみました。こうやって、ボウルにいれてサービスするのが一般的です。ごくごく....
f0038407_1542263.jpg

前菜は3種の温かいチーズ(カマンベール・シェーブル・ブルーチーズ)がのったサラダ
f0038407_1543781.jpg

メインのステーキをいただいたあとのデザートはリンゴのお菓子^^
f0038407_1544297.jpg

雨の中、おじさんたちは『ペタンク』というボール遊びに一生懸命。。。
f0038407_1547324.jpg

その後、ペロスギレックという街で写真ストップ。 花崗岩のピンク色の家がかわいい

さ、いよいよその「パルドン祭」が行われているはずサンジャン・デュ・ドワという村へ。 約1時間の移動。。。どっきどっき....村に到着すると...!
f0038407_1549253.jpg

♪ ♪ あ、教会の中でミサが行われてるぅ~!サンジャン=聖ヨハネで、この教会は洗礼者ヨハネにささげられた教会。 雨もおさまって、あー良かった。。。
f0038407_15515070.jpg

子供達はミサよりもこっち。 バキューン! 金魚すくいはないようですね、リンゴ飴は?

気がつけばお客さんたちみんな教会に入っていってました。 観光客も静かにしていればミサに参加できるんですね。えーっと、わたしは...↓ 
f0038407_15545539.jpg

あらら、こんなクレープ屋台が出てるのね^^
f0038407_1556620.jpg

あらら、熱々。。おいちそう~
f0038407_15564630.jpg

お砂糖をふりかけただけのシンプルなクレープちゃん。 いっただっきまーす!
そうこうしているうちにミサが終わって、パルドン祭のメインイベント、村の丘の上までの行列が始まりまーす!
f0038407_15591332.jpg

おっ、来た来たっ
f0038407_15594255.jpg

女の人が頭につけているのは「コワフ」とよばれるきれいなレース編みの布。 ブルターニュの伝統的な帽子で昔はみんなこれを着けて生活していたそう。 
f0038407_1612713.jpg

かわいい子供達も歩いてきました。
f0038407_162558.jpg

素敵なマダムたちも。
f0038407_1623430.jpg

えっほ、えっほ。運んでいるものはこの教会の聖遺物である聖ヨハネの「指」。 ありがたい...
f0038407_1634344.jpg

いけにえのシンボルである羊ちゃんも。 
f0038407_1644258.jpg

みんなで丘に向かってあるきます。。。
f0038407_1652158.jpg

サンジャン・デュ・ドワの村。 映画の「ショコラ」にでてくるようなかわいい村。
f0038407_1663875.jpg

丘の上にはわらが積んであって、ここでも簡単な儀式が行われて、その後火がつけられました。 今日はわらが湿っていてプスプス...って感じ。 それでもこれで一通りのパルドンが終了。
f0038407_168134.jpg

「お疲れ~っ」てな表情の神父さん。
f0038407_169367.jpg

見てみて~、わたしきれい??
f0038407_1694290.jpg

お人形さんみたいな女の子。
f0038407_16101565.jpg

ぼんじゅ~る^^
f0038407_16105265.jpg

みんなで記念撮影^^
f0038407_16113445.jpg

あじさいがここも満開。。。サンジャン・デュ・ドワをあとにして、次の街サンマロへ向かいました。あ~、やっと行ったことのある街が出てきた~。。。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-06-26 01:02 | フランス

海鮮づくし^^

旅も5日目、今日はプレイバンという街にある教会を見学に。 ブルターニュ地方独特の『聖堂囲い地』とよばれるもので、教会・お墓・納骨堂・カルヴェールとよばれる彫刻が塀のなかに全部まとまって作られているもの。 
f0038407_0121996.jpg

どどーん、教会があって、
f0038407_0155123.jpg

その横にカルヴェール。文字が読めない人や何らかの理由で教会に入れなかった人にもわかるように、生き生きと彫刻されています。題材はキリストの一生や聖書の教え。
f0038407_017112.jpg

そばにある小さなおみやげ物やさんで。 プレイバンの文字入りガレット。 やるやん!わたしは小さなシードル用のボウルを2つ購入~。 さっそく帰ったら使おうっと!
f0038407_0204134.jpg

さすがはブルターニュ。 クレープもこうやって売ってありましたよ^^
f0038407_018854.jpg

駐車場にはちびこいマルシェが。 もりだくさんのアンズちゃんや、
f0038407_0184977.jpg

アーモンドの実。 お客様からいただきましたが....どーやって食べるの??
f0038407_0193241.jpg

ぺっちゃんこの桃。 日本にもあるそうですよ。 すごい甘かった~
f0038407_020482.jpg

うおー、アーティチョークも!
さすがにこのあたりの人は「日本人」がめずらしいようで、「どこから来たの?」とか興味深々聞いてくる。ブルターニュの人はみんなすごく親切で、目があうとかならず『ボンジュール!』って言って笑いかけてくれます。 心がなごむぅ~

ひととおり、お店を冷やかしたあとはバスに乗ってメネ・オムという場所へ。海抜330メートルの小高い丘に登り、360度の景観を楽しむ!はずだったけど、あいにく霧の中...
f0038407_0251143.jpg

ふむ。。。なんとなく見えてる?
その後はクロゾン半島にあるカマレ・シュールメールという港町でランチでーす。 この日のメニューは...
f0038407_02692.jpg

ムール貝でーす!
f0038407_02717100.jpg

10分間ほど集中していただきました~。空っぽでーす!
f0038407_0282767.jpg

デザートはクレーム・ブリュレ。 ごちそうさま~
その後はクロゾン半島の先端にあるペニール岬に立ち寄りました。
f0038407_0301393.jpg

まさに岬の先端!
f0038407_0295422.jpg

お客さんが「なんか、火曜ワイド劇場みたいね...」って。すごい笑えた^^
ジャンジャンジャア~ン♪ ♪(そして背後から片平なぎさと船越栄一が...)
f0038407_0321385.jpg

うわー、ロッククライミング?
f0038407_0325772.jpg

 ブルターニュの看板はフランス語とブレイス語(ブルターニュでも西で話されている方言。 ケルト語に起源をもつそうです)、2つで表示されています。
f0038407_0343333.jpg

ダウラスにある修道院跡も見学。ここもアジサイが満開~
f0038407_0354752.jpg

きれいな回廊などを見たあとは、今日1泊するロスコフという街へ。ここはタラソテラピーの発祥の地だそうですよ。 
f0038407_037424.jpg

ホテルのレストランで見つけた『パーヴェ』。 ガレット・デ・ロワという春のお菓子に入れて焼くもの。 当たった人はラッキー~な人。 
さ、夕食、夕食。 今のメインのお食事は...うふふ↓
f0038407_0384751.jpg

海の幸盛り合わせ!。 もう、カニやら牡蛎やら海老やら貝がわんさか!!いっただっきまーす
f0038407_0405377.jpg

うわ~、蟹みそがぎっしり!!いいの?食べていい??では...
f0038407_0431118.jpg

心優しい運転手さんは無言で食べ続ける私のために、こうしてかにの爪をバリンと割ってくれました。 ぷりんぷりん~、おいちすぎるぅぅ~
f0038407_0452026.jpg

無事に一皿、平らげました。。。心地よい疲労感が。。。今日もぐっすり眠れるねー
[PR]
by isaisa0108 | 2007-06-26 00:46 | フランス
さてと4日目になるツアー。 なんかいつもと違って、「わたし旅してます!」って感覚があるわよ。いったことのない街、見たことのない建物、どきどきわくわく&ハラハラすこーし...お天気はあまりよくないし寒い毎日だけれど、『ブルターニュっていいところやん!』て思い始めてます。

さ、今日はまずロックテュディという村へ。 小さな漁村でかもめが街の中をびゅんびゅん飛んでいました。 ここでは小さなロマネスク教会を見学。
f0038407_14311542.jpg
 
中ではミサの準備のため、お花を生けてるマダムがいました。
f0038407_14315361.jpg

港で海の匂いを味わったあと、つづいてフスナンという街へ。ドライバーさん「今日は金曜日やし、市場が出てるし近くまでバスで行けへんけどごめんね」って。
えっ?マルシェ??そんなん出てるの??(期待度大)
「いーよ、いーよ、歩くから!」。 バスを降りていったことも見たこともない教会を探すこともしばし忘れ、「マルシェ、マルシェ...」とつぶやきながら歩く私。。。。そうしたら...
f0038407_14352736.jpg

うおー、見つけたー!牡蛎売ってるやん!
f0038407_14361416.jpg

煮込んでる、煮込んでる、パエリヤ!
f0038407_14365191.jpg

こっちは何?シードルぅ~
f0038407_1437327.jpg

フランス語で「大地のりんご」ことじゃがいもちゃん。
f0038407_14383348.jpg

クモガニやー!!昨日食べたー!
f0038407_14401642.jpg

ブルターニュのお菓子、ガレット。バターたっぷりさっくさくね。 他にはクイニイ・アマンも売っていました。 買おうかなーと考えてたらどこからともなくおばちゃんやって来た「あんな、クイニイ・アマンはな、ここまーっすぐ行って右にあるお菓子やさんのが一番やで!」って。どこにでもいるんですね、世話焼きなおばちゃん。。。
f0038407_1442342.jpg

みんなで試食したさくらんぼ。1キロ3.3ユーロなり。甘かったよ、トルコのさくらんぼと同じくらい
f0038407_14425642.jpg

目的の教会にも行って見ましたよ。ブルターニュはどこもかしこもアジサイが花盛り~
f0038407_14435124.jpg

子供達の何かのセレモニーが行われていました。 おじちゃんの頭がまぶしいぞ。
f0038407_144528.jpg

郵便配達のおじさんはこんなカートでお届けしています。
f0038407_14472918.jpg

その後はロクロナンという街でお昼ごはん
f0038407_14481047.jpg

スープ・ド・ポワソン=お魚のスープ、味がぎゅっと凝縮されていました。
f0038407_1449693.jpg

ローストポークのマスタードソースに、
f0038407_14494071.jpg

デザートは焼きたてのファーブルトン!これもブルターニュの素朴なお菓子。プルーンがぎっしり!
その後は街を自由に散策~。と、みーつけた↓
f0038407_14513795.jpg

クイニイ・アマンの量り売り!
f0038407_1452560.jpg

ラズベリー風味やオレンジ風味などなど、3つも買っちゃった~うふ。
f0038407_14524961.jpg

プラース、このお店はキャラメルの種類がたくさんあったので...いちおう一袋だけ^^ 塩キャラメルの他にリンゴの入ったものや、イチジクいりなどなど。。
f0038407_14541930.jpg

はい、おいちいガレットよ、baguさん^^
f0038407_14545631.jpg

初めて見たよ、ピスタチオ風味のクイニイ・アマン!
f0038407_14554520.jpg

ロクロナンは「フランスで最も美しい村」に選ばれているそうですよ。
f0038407_14564556.jpg

そうねー、きれいだもんねー
f0038407_14571396.jpg

珠美ちゃんが行ったと言っていた鎌倉のあじさい祭りにも負けないくらいの素晴らしさ...
f0038407_14575842.jpg

教会の中は聖人ロナン(背中の痛みをとってくれるそう)にちなんだ彫刻などがいっぱい。「ちょっと、あんたもっとしっかり持ってよ」「お前もがんばれよな」
f0038407_14591051.jpg

教会の向かい側にこんなかわいい看板を発見!なになに、「焼きたてのクイニイ・アマン売ってます」って?ふむ。
f0038407_15049.jpg

買っちゃった~、パクリ。
f0038407_1503862.jpg

きれいなあじさいを見ながらいただきました。バターたっぷりだけれど全然しつこくなくておいちかった!
f0038407_1514546.jpg

駐車場にはオランダから走ってきたキャンピングカーも。自転車好きだもんね、オランダの人は。
散策のあとはベノデのホテルへ戻りました。 夜は海沿いのレストランでお食事。 強風に吹き飛ばされそうになりながら歩いて向かいました。
f0038407_1511922.jpg

前菜は魚のタルタル。サーモンやひらめやアジ?が混ざっていてトレビアンなお味。
f0038407_1534163.jpg

メインは地元のお料理でタラをジャガイモであえてオーブンで焼いた「タラのブランダード」。ちょっと塩味がきつめだけれど、これも素敵なおいしさ。。。

9時半を過ぎてもまだまだ明るいブルターニュ。 明日もいい天気になりますよーに&これ以上パンツがきつくならないよーに...
[PR]
by isaisa0108 | 2007-06-23 15:06 | フランス

ミシュラン☆付きで

今回のブルターニュ限定のツアーは正直言ってあまり気のりがしなかった。 行ったことのない街ばっかりで、資料もあまり見つからなくて、ガイドさんいないしこの、方向音痴の私としてはかなりの不安が。。。でもね、そんな私を駆り立ててくれたもの。 それは
ミシュラン一つ星のレストランでのお食事。それ以外にもブルターニュはおいしい魚が採れるのでメニュー見てたらすっごいおいちそうなの。プラス、ブルターニュのお菓子がいっぱい食べられるし。。。それで飛行機に乗った私。ははは、そんなもんです添乗員(あ、わたしだけ?)。
f0038407_14454348.jpg

今日のランチがそのレストランでのお食事ということで、朝はかる~く。。。
f0038407_15135775.jpg

この日はジョスラン城というお城を見学。街には木骨組の家が残る雰囲気のある街。 
f0038407_14474647.jpg

どどーん。 ロアン家所有のお城で2階でご家族が今も暮らしています。家紋やブルターニュのシンボル「白テン」があちこちに彫刻で表されている正面。ガイドのビッキーさんの案内で見学しました。 
f0038407_14493420.jpg

マロニエ(西洋トチ)の実もちびこく育っていました。
f0038407_14501694.jpg

レストランのあるサンタベという街についたはいいが、約束の12時チョッと前だったので、マダムに「あと10分くらいしてから来てくれる」といわれちゃった~。期待大きすぎる私??ということで、地元のパン屋さんでお買い物~
f0038407_14525088.jpg

やって来ました、「ル・プレソワール」!
f0038407_14522716.jpg

中はこんな感じ。 こじんまりしているけれど、センスのいいレストラン。
f0038407_14533842.jpg

私たちのテーブルは赤のイメージ。バラの飾り方も素敵ね~
では皆さん、準備はいいですか~?お食事はじめまーす!お魚のカナッペの後に出てきたのは...
f0038407_14551270.jpg

アミューズといわれる前菜盛り合わせ。 トマトのジュレ、魚のムース、フォアグラのブリュレ。
f0038407_14571627.jpg

クモガニのアスパラガスソース。 あれ?ソースは...?
f0038407_1457538.jpg

あ、後からかけてくれるんや!
f0038407_1458209.jpg

わあお~。これで完成。 クリーミーな舌触りがトレビアン!
f0038407_1459758.jpg

メインはやわらかーい子羊のグリルと季節の野菜。 ボルドーの赤ワインとともにいただきました。 パンもとってもおいちかった!ブルターニュのバターもたっぷりと。。。
f0038407_151139.jpg

続いてデザートでーす。 まずはパッションフルーツとオレンジのムースにココナッツ風味のクリーム添え
f0038407_152988.jpg

きゃあ~っ^^これひとりで食べていいの?いいの??
フランボワーズのミルフィーユ(さっくさく)と、アンズのシャーベット、チョコレートムース(すごい濃厚)、オレンジクリームのクレープなど等...完食しました。あー、幸せ。。。
f0038407_1542112.jpg

締めくくりはプチフール。
f0038407_1545360.jpg

ちびこいマドレーヌちゃんもしっかりバターの風味が。。。後はチョコレートのマカロンとかも。
f0038407_1554312.jpg

カフェでほっとひといき。ごちそうさまでした^^
今日のランチ、2時間半でございました。。。。(ちなみに54ユーロ!)

さ、午後はバスで30分ほど走ったところにあるブルターニュの巡礼地、サンタンヌ・ドーレイへ。聖アンヌ(聖母マリアさまのお母さん)がご出現されたというありがたい場所なのです。
f0038407_1584092.jpg

いまは立派なルネサンススタイルの教会が建っています。
f0038407_159146.jpg

聖アンヌの泉。子宝に恵まれるそうです。 神の子が宿るかも。。。
その後はバスで2時間、ベノデという海のそばの街へ向かいました。 
f0038407_15114875.jpg

ホテル自体はなんてことないのに、レストランがすっごい素敵~
f0038407_1518975.jpg

アジサイがこんな風においてあって、これも素敵ね~
f0038407_15105670.jpg

前菜はシェーブルチーズのサラダ。 これほどシェーブルがおいしいと思ったことはなかったくらい、満足しました^^
f0038407_15193475.jpg

baguさんへの挑戦として載せてみました。。。メレンゲさくさくのお菓子!
f0038407_1520193.jpg

今日は夏至。9時半すぎてもこんなに明るいブルターニュの夏。。。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-06-22 15:12 | フランス

ミスター〇リック??

フランスへやって来ました~。 成田からエールフランスでパリへひとっ飛び!といっても12時間かかるけど^^。 そしてついにユーロが170円を越えてました、成田で。。。
f0038407_1416249.jpg

ボンジュール~
今回はなんと、パリは乗り継ぎだけ!そのまま急いで入国を済ませて国内線でNante(ナント)という町まで1時間。 運転手さんと合流してホテルへ向かいました。 なんかお腹がすいたな~→「そうだ!スーパー行こう!」↓
ここはまだロワール地方だけれど、明日から向かうブルターニュ地方はバターやチーズがおいちいところ。 それを予感されてくれるような食材がずら~り
f0038407_14193514.jpg

有塩バターだけでこの数!中には塩がつぶつぶ入っているものもあるそうよ
f0038407_14202775.jpg

うお~、日本ではびっくりするくらいの値段で売っているチーズもさすがフランスは安い!ここはカマンベールコーナーのようで、選ぶのに迷う~っ
f0038407_14214023.jpg

ロワールのワインがずら~り!
f0038407_14221080.jpg

あっ、1664ビール発見!お部屋で飲もーっと
f0038407_14235799.jpg

魚の缶詰も豊富。 これはおつまみに購入。 レモン味やチリ風味のサーディンの缶。
f0038407_142529.jpg

フランスのお菓子会社LUとグリコが提携して作っているその名も『mikado』ポッキー!これは新しいフレーバーで、キャラメル味みたい。ぜひおみやげにどうぞ~

次の日はちょい面白い運転手さんでちょい日本語を話すジャンイブさんの運転でナントの市内観光へ。ナントはロワール地方の西にある大きな街。 そう、フランスで一番長い河、ロワール河が海に注ぎだすところにある港町。まずは大聖堂を強風で吹き飛ばされそうになりながら見学。 ルネサンススタイルの大聖堂は完成までに450年以上もかかったそう。 中にはブルターニュ公国最後の妃、アンヌ・ド・ブルターニュが両親のために作った立派な石棺がありました。彼女は2度もフランス王妃になったのだけれど、頑としてブルターニュ公国の独立を守ったという女性。 今でもブルターニュの人が尊敬しているそうです。 ナントは10世紀にブルターニュの領土だったので、彼女の像なども立派に飾ってあります^^
f0038407_14305766.jpg

恋人たちか...?
f0038407_143130100.jpg

せっかく来たので、近くのブルターニュ公城にも行ってみました。青い空に白い建物が映える~
f0038407_14322784.jpg

ナント市の旗。  18世紀に大西洋に乗り出していったナントの船がモチーフになっています。
f0038407_14353632.jpg

今回は11人のお客様のうち、男性はお一人だけ!そのお客さんは趣味多彩でこんなスケッチもされるんです、すごいなあ。 これは機内食だそうです。観察力抜群!
f0038407_14371731.jpg

この日のお昼。メインは海の幸の串刺し・甲殻ソース。
f0038407_14381088.jpg

デザートはボリュームたっぷりのイル・フロッタント(浮島っていう意味よ)。卵白ふわふわ。
f0038407_14392312.jpg

午後は花崗岩の家並みが美しいロシュホール・アンテールという街を散策。 アジサイやかわいいお花が飾ってあって、どこと撮っても絵になる街。。
f0038407_14402566.jpg

ねー^^
f0038407_14411335.jpg

石畳が素敵~
f0038407_1441382.jpg

Creperie=クレープ屋さんも発見。今日はまだお腹いっぱいなので、また今度。。。
f0038407_14425966.jpg

その後はパンポンの森へ。ここはアーサー王伝説が残る森でなんでも妖精がくらしているそうですよ。。。「帰らじの谷」へ入っていく私たち。 果たして....帰ってこられるのか?!
f0038407_1445185.jpg

妖精さ~ん、出てらっしゃ~い
f0038407_14454485.jpg

妖精の鏡という名前の湖。 ぴかぴか?
その後はプロエルメルという街のホテルへ。すぐそばに湖があって、とってもきれいなホテル^^
f0038407_14471827.jpg

すてきなお部屋~
f0038407_14474725.jpg

アジサイが満開!
f0038407_14481925.jpg

湖の夕暮れ。。。

夕食はホテルのレストランで湖を見ながらいただきました。
f0038407_14462135.jpg

冷たいトマトのスープから始まって、
f0038407_14493173.jpg

前菜2品目はスモークサーモン
f0038407_14495539.jpg

メインは鶏の胸肉のグリル。 なんかわからないけれど、このソース、めっちゃおいちかった!
f0038407_1451122.jpg

デザートはカラメル風味のパルフェ。

さて、食事が終わる頃にさっきの趣味多彩ミスター〇リック?が「ちょっと仕込んできます..」と言い残してどこかへ。 戻ってきた手には手作りの手品グッズ!!にわかマジックタイムの始まり~
f0038407_14514568.jpg

新聞びりびり破ってたら、隣のフランス人グループが「ん??」って顔で注目。 見事に一枚の紙に戻ったらブラヴォ~ッツって拍手喝采!!さっすが~
さ、明日はジョスラン城を見て(これから 勉強...)、旅はつづきまーす!
[PR]
by isaisa0108 | 2007-06-21 14:33 | フランス

ともだちと

日本に戻ってきたら、さっそく梅雨入り。。。しばらくはじめじめした日が続くのかな、と思いきや翌朝は雲ひとつないお天気~。 

前から約束をしていた高校時代の友達が東京出張で出てくるのにあわせて、ランチをしに出かけました。 
「どこかおいしいところ、知ってる?」
「知らん...」
わたし、食に関してはツアー中に全神経を注ぎこむため、国内には手がまわらないのです。どなたか美味しいところしりませんか?

というわけで、それなら新幹線で帰る友達にも便利!ということで、行ってまいりました、『新・丸ビル』へ!
彼女は京都生まれの大阪住人なので、一応約束するときに一言、『丸い形してないでー、四角いビルやからね』と。 関西人にとって「マルビル」=梅田にあるまあるい形していて、掲示板がぐるぐる回っているビル、というイメージしかないんです。 わたしも最初に丸ビルに来たときに「あれ?おかしいなあ、ないなあ、丸い形のビル...」と探し回った経験がありますので。。。

で、行ってみたらすんごい人・ひと・人....。 そそくさと逃げ出した私たちは横にある元祖?丸ビルに向かい、ここで優雅なベトナムランチをいただきました~
f0038407_17323632.jpg

レストランからは東京駅が一望できました~
f0038407_1733623.jpg

ベトナムの生春巻きとかの前菜盛り合わせ
f0038407_17335050.jpg

メインはお魚料理。 豆がアクセントですね。 うんうん、なかなかおいちいです
f0038407_17343316.jpg

ふぉ~っっていうあの人はどこに行ったんでしょう。。。
f0038407_17352065.jpg

オレンジ風味のパルフェでしめくくり。 
あとは蓮の葉茶をいただいてごちそうさまでした。。。

普段添乗に出るとなかなか友達と会えなかったり、ご飯を一緒に食べられなかったりするので、こうしてポンと時間があると、連日連夜の外ごはんなのでございます。 

これからはもうちょっと地元のおいちいお店も開拓してみようかなー、ホルモン以外でね^^
[PR]
by isaisa0108 | 2007-06-16 17:37 | 普段の暮らしから
エーゲ海沿いの町、チャナッカレで一泊してカーフェリーに乗って、海峡を渡りヨーロッパ側へ向かう日の朝。 わたくし恒例の行事「海の水をさわる&石・貝の収集」ため、海岸まで散歩。。。
f0038407_11131190.jpg

どどどど~ん。。エーゲ海だよ~ん。
f0038407_11133424.jpg

ラプセキ港までドライブ。 窓の外に広がるのどかな風景...
この日の朝、じつはひとりお客さんが散歩中に迷子になり、みんなで必死のパッチで探し回ったら15分後にホテルの送迎バスに乗ってお出ましになられました。「迷っちゃった~」って。。。 でもお客さん、一本道でどうやって迷ったのよ?? なんとかフェリーに間に合って、乗船!
f0038407_1114249.jpg

青い空とかもめちゃん。 ヨーロッパとアジアを行ったりきたりしているんだねー
f0038407_11163545.jpg

テキルダという街でお昼ご飯。 これはご飯が入ったすこおし酸味のある「高原のスープ」^^
f0038407_11181733.jpg

テキルダキョフテ。 お肉団子ですね、ピリ辛ソースをつけるとさらに刺激的~!
f0038407_11191025.jpg

今回もデザートしっかりいただきました。 セモリナ粉のヘルワ。 あ、思い出した、この間食べたデザートの名前!ケマルパシャ!→3個食べたお菓子ね。
f0038407_11215589.jpg

イスタンブールに一週間ぶりに帰ってきました。 この日の観光は「アヤソフィア」。 いつもながら堂々とした大きなドームに感動。。
f0038407_2146334.jpg

よいしょっと。 この柱に指をいれてくるりと一周すると、『いいこと』があるんだってー。 腕がつりそうになりながらも成功~
f0038407_21495145.jpg

お客さんがモザイクを見学するフリータイム中。 私たちはちょっと休憩。 おいちいあんずジュースを飲みながらね。 あれ?このテーブルの台って、遺跡の柱??
f0038407_21514985.jpg

今日も釣り人でにぎわう『ガラタ橋』を渡り、
f0038407_21523820.jpg

ただいま~、って感じ? 豪華宮殿ホテルのチュランパレスに一泊でーす!素敵なお花で飾られたフロントデスク。。。う~ん、ゴージャス。
f0038407_21535282.jpg

あら?マネージャーの〇〇からだわ。 私って、VIPみたいじゃないの、おーほっほっほ。え?みんなの部屋に入ってる?「.....。」
f0038407_2156171.jpg

夜は私が婚約式に使う予定のホテル(しつこい?)、FERIYEでお食事~
f0038407_21572083.jpg

前菜の盛り合わせ、アーティチョークが珍しかったみたいで、みんな興味深々。おいしいーって食べてくれてました。 
f0038407_2158358.jpg

シーフードのクレープ包み。 とろ~り
f0038407_215830100.jpg

これ大好き!”Hunkar Begendi”、おナスのペーストの上にお肉がのってます。
f0038407_2218588.jpg

あ、ボスポラス第一大橋がライトアップしてる!になった!
f0038407_22193986.jpg

あ、になった!
f0038407_2220080.jpg

になった!
いいなあ~、ロマンチックだなあ~、そして当たり前のように周りはカップルばっかり~。 私はといえば、ガイドさんと2人、一応カップル単位ではあるけれどそんな気はなく、思いっきり海風に吹かれながら、髪の毛ばっさばさになりながら、夜の冷たい風にぶっるぶるふるえながら、ごはんを食べたのでした....
f0038407_23323949.jpg

次の日はホテルの海側の船着場から貸切船に乗って、津軽ボスポラス海峡クルーズへしゅっぱーつ!橋の下をくぐって進みまーす
f0038407_23345459.jpg

イスタンブールはから入るのが一番感動するんだって。 わかるような気がする。
f0038407_2336258.jpg

今回はガラタ橋の下もくぐっちゃいましたよ^^
f0038407_23364431.jpg

おっちゃーん、何釣れるの~??→アジ・カタクチイワシなどが釣れるそうですよ。 ふむふむ、さばサンドイッチが食べたくなってきたよ。。。
f0038407_23374199.jpg

大成建設、今日も頑張っています。 今年中にはトンネルが貫通するみたい。 ここで働いている知り合いの方がいらっしゃるお客さんは、感慨深く海を見ていました。。。

f0038407_23393476.jpg

街のにぎやかなタクシム広場でバスを降りてイスティクラル通りを歩いてレストランへ。トルコ最後のお昼は日本食のお弁当。嬉しいような、悲しいような。。。 あ、おかずの中にさばが入ってる! あーん、パンほしいよ~!あったらはさんで食べるのになあ。
f0038407_23423393.jpg

今回のトルコの旅も、もう終わり。 お天気に恵まれた10日間でした。 いつも空港に向かうバスのなかでご挨拶をするんですが、いっつも「トルコっていいところでしょ~!」と熱く語ってしまい、ガイドさんの挨拶する時間がなくなることがよくある私。 今回も。。。ごめんね、ガイドさん。でもみんな「トルコっていい国だなあ」「危ないイメージがあったけど(はいはい、いっつも言われる)来てよかった」「トルコ料理がおいしかったー」って言ってくれる人がたくさんいて、私も幸せな気分~。 あ、わたし、ブログ上でも熱く語ってます??

来るたびに好きになるトルコ。 次はいつ来れるかな....^^ 
さ、来週からフランス・ブルターニュ地方限定の旅へ。 そん時のアサイン担当者のことば→「もう、ブログに載せる記事としてはぴったりだと思いますよ」って、わたしのツアーはブログ優先かい??おったのしみに~ 
[PR]
by isaisa0108 | 2007-06-14 11:22 | トルコ

エーゲ海へ

天気予報では西からお天気が崩れるといっているのに、まるで雨にあわない私たち。 バス移動中はどどーっと雨が降ったりしているけれど、降りるとぴたっ と止んでくれて助かりかります。 添乗員トーク→『もうー、みなさん晴れ男&晴れ女ですね。 日ごろの行いがいいから...』これで決まり。 お天気に左右される旅行は、太陽を見方につけると意外といい具合に進むようですね。

昨日はパムッカレで一泊して、今日は西へ西へ。 エーゲ海を目指してひた走り。 途中、トルコ名物の『ロクム』というお菓子を買ったり、絞りたてのオレンジジュースを飲んだりして移動。 6月のこの時期は果物もたわたに実っていて、特にさくらんぼやイチゴが道端で量り売りで売られています。 甘くてほんとうにおいちい!そして安い!!桃も日本のように「お桃さま」ではなくて、野性味あふれる甘さが後をひくおいしさ。。。トルコはほぼ自給自足が出来ていて果物や野菜が本当に豊富!今日から始まるエーゲ地方はオリーブの木がたくさん茂っていて、オリーブオイルやオリーブ石鹸があちこちで売ってありました。
f0038407_22231296.jpg

すっごい甘いさくらんぼ
f0038407_22264439.jpg

おっと、なにこれ?これは皮のお店のファッションショー~!トルコの皮はとても質が良くて、私も冬にコートを一着購入済み。 
f0038407_2228880.jpg

お昼すぎにシリンジェ村に到着~
f0038407_22302273.jpg

野菜のギュベジや、
f0038407_22305844.jpg

トマトの入った卵とじや、
f0038407_22313519.jpg

メインは黒鯛、お頭付き!
f0038407_22322828.jpg

「あま~いお菓子を食べると人間もあま~くなるんですよ」とガイドさん。 その通りね^^
f0038407_22332537.jpg

お客さんが見つけてくれた四つ葉のクローバー。 「今も幸せだと思うけれど、もっと幸せになってね」ってくれました。 涙....。
f0038407_22344470.jpg

聖母マリアの家を見学。 みんな神妙に説明を聞いていますね。
f0038407_22355027.jpg

おみくじのように、白い布や紙をくくりつける習慣があるそうで、
f0038407_22365517.jpg

わたしもくくりつけてみました。 内容は....内緒。 うふふ
f0038407_22382793.jpg

リラ~ックス...
f0038407_2241070.jpg

その後はエフェス(エフェソス)の遺跡を見学。
f0038407_22421971.jpg
 
青い空、白い雲。。。
f0038407_22425350.jpg

大理石の道をてくてくと歩いて見学
f0038407_22432550.jpg

劇場跡ではみんなで「上を向いて歩こう♪」を歌いましたよ
この日はイズミールという町に宿泊。 ホテルはお部屋の蛇口をひねると温泉が出てくるホテル。 そしてホテルの向かいには巨大スーパーが夜の11時までオープン!好きだなあ、こういうの。 もちろん、夕食のあとお買い物に行ってきました。 トルコはこうして遅くまでお店が開いてたりするのでうれしい。 コンビニがない外国ではありがたいことです。

f0038407_224455100.jpg

次の日はかつてのペルガモン王国、ベルガマの街の遺跡を見学~
f0038407_22474715.jpg

ゴロン、ゴロン...
f0038407_22504564.jpg

かつてエフェス、アレクサンドリアと並んで世界3大図書館があったとされる古代の遺跡、アクロポリス。 ハドリアヌス帝神殿跡。
f0038407_22524676.jpg

昔の精神治療を施した病院跡のアスクレピオン。 大きいな木の下で説明をききます。かつての泉が今も湧いていて、カエルがケロケロ♪鳴いていました。。。
f0038407_22545050.jpg

ベルガマのお昼は家庭料理。 これは別注文のチーズのオーブン焼き。 あっつあつ~
f0038407_22553878.jpg

好きなものをお皿に入れてもらいます。 トルコのお料理は野菜がたっぷり食べられるので嬉しい!
f0038407_22565290.jpg

別注文その2。 お皿からはみ出してるね、ピデ。 さっくさくの生地でいくらでも食べられそう~
f0038407_22574681.jpg

食後は忘れてならじ、お菓子もね。 ここのレストランお手製のチーズ風味のもの。えっ?もちろん甘いよ。でもおいちいよ。ガイドさんは4個食べてました。負けた...
f0038407_2302752.jpg

そろそろひまわりの花が咲き始めていました。 来月は一面ひまわり畑!
f0038407_2305858.jpg

夕方にトロイの遺跡に到着!
f0038407_232636.jpg

今年も葉っぱがいっぱいついたよ、いちじくの木。
f0038407_233166.jpg

あ、実がなってる~
f0038407_234236.jpg

この日はチャナッカレのホテルに泊まりました。松ノ木に囲まれたコテージ風のホテルで、テラスからはエーゲ海が一望!
f0038407_2362916.jpg

そんな素敵なテラスでいただく本日の夕食、ぶどうの葉のサルマ。 中には松の実がいっぱい!
f0038407_2373443.jpg

メインは魚やお肉料理など5つのなかから好きなものをチョイス。 私はマグロのグリルをいただきました。
f0038407_2391181.jpg

デザートのスイカをいただく頃にはエーゲ海に夕日が沈んでいきました....

明日はダーダルネス海峡を船で渡って、ヨーロッパ側へ。 一路イスタンブールを目指します!
[PR]
by isaisa0108 | 2007-06-12 22:24 | トルコ

すいか三昧~

はい、ひさしぶりにログイン。 トルコのいいところ、どんな田舎のホテルでも無線LANでインターネットにつながること! イタリアではまず無理だね、あとフランスもえっらい高いし。 その点トルコはつなぎ放題でございます。。。^^

さてと、数日前にさかのぼって、コンヤの街の観光から。 キャラバンサライ(隊商宿)の近くで休憩をして、こんなものを購入。
f0038407_6261114.jpg

左は小麦粉。なぜ?→トルコはパンがすっごいおいちい→小麦粉が良いに違いない→これでお菓子を作ったりしたらおいしいに違いない→購入。 右は松のはちみつ。 濃厚で一度食べてやみつき。
f0038407_629388.jpg

連れて帰ろうかな~、かわいさ満点のイブラヒム君。目がうるうる....
f0038407_631321.jpg

インジェミナーレ神学校で会ったコンヤの街の中学生たち^^
f0038407_6315813.jpg

なぜか一緒に日本語の説明を聞いています。。。うふふ
コンヤはトルコの中でも信仰熱心な人たちが多い街。スカーフを被っている人が多く見られました。あ、でも「おへそ」だして歩いている女の子もいるけどねー。

コンヤの街からパムッカレに向かう途中、こんな面白いものが道端に↓
f0038407_637922.jpg

なにかしら?
f0038407_638061.jpg

スイカだわ~!
f0038407_6385491.jpg

うっひょ~っ!こんないっぱいのカルプス=すいか^^
f0038407_6395893.jpg

ガイドさんが買ってみんなにご馳走してくれました。 
めっちゃめっちゃ甘~い!本当においちかったよ、このスイカ。 ちなみに一個たったの8リラ=750円くらい。 買って帰ろうかなー?!
スイカでちょっと満たされたお腹をさらに満たすため、お昼ごはんへ~
f0038407_6462363.jpg

みなさんは「マス」のお料理。わたしは「サチ・カブルマ」。 材料はお肉、ピーマン、トマトくらいなのに、どうやってもこの味が出せない。。。味が深~い!
f0038407_649513.jpg

プレーンヨーグルトを付けて食べるとおいちいよ
f0038407_6501120.jpg

このレストランおすすめの、ライスプリンちゃん。
f0038407_6534196.jpg

パムッカレに向かう途中、「ケシの花」が咲いていたので、バスを降りて写真をとりました。
f0038407_6551911.jpg

これは「はちみつヨーグルト」、すっごく濃厚な生クリームみたいなヨーグルトにケシの実をたっぷりかけて。。。ぺろりんちょ。

そうこうしているうちに、世界遺産のパムッカレに到着~!
f0038407_6582066.jpg

今日も暑いわ、パムッカレ。。
f0038407_702035.jpg

ざくろの花も咲いてたよ。 秋に来ると綿畑がきれいなパムッカレ。。
f0038407_714228.jpg

この日は温泉プールつきのホテルに一泊。 夜はかまどで焼いたピデを同じ会社のみんなで先行予約しておいて、おいちいワインとともにいただきました。ごちそーさまでした。
さ、明日は美人が多いことで有名?なイズミールへ。 エーゲ海が見えるかな??
[PR]
by isaisa0108 | 2007-06-10 06:42 | トルコ