1人息子とのドタバタな毎日の記録♪

by isaisa0108

フィレンツェ おひとりさま歩き

花の都、『フィレンツェ』にやって来ました。街のほとりをアルノ河がゆったりと流れる、トスカーナ州の美しい街。わたしがイタリアでいっちばん好きな街。
f0038407_20451634.jpg


そんなフィレンツェに2泊の予定。ホテルも街から徒歩で40分と、歩いていこうと思えばいける距離、ラッキー!(えっ、40分でラッキー?と思った方。はいはい、格安ツアーでは普通地図に載ってないところに泊まることがほとんど。だから歩いていけるだけでもすごーくラッキーなのさ)。
そして、そして今回は超ラッキーなことにたいへん残念なことに、オプショナルツアーが催行されなかったのです。ということは....フィレンツェ終日フリータイム??、しかも食事がついていないので、皆さんそれぞれお好きなものをお好きなところで...

大ラッキ~!!

それでも一応きちんとお仕事をする私。翌日はご希望の皆さんを一緒にアルノ河をてくてくと歩いて街の中心に向かいました。ええ、40分歩いて...。無料にかなうものなし!

街の中心「シニョーリア広場」にはもう観光客のみなさんがいっぱい。ここでいったんフリータイム!ほとんどのみなさんがすぐそばの『ウッフィッツイ美術館』へ。
f0038407_22412555.jpg

冬のヨーロッパはどこも空いていてゆっくり見られるのがいいところ。夏はすごい人で列に並んで入る美術館も今日はすいすい、だったそう。みんな見てきたかな?ボッティチェリの『ビーナスの誕生』とか『プリマベーラ』、あとはダビンチの『受胎告知』とかラファエロの絵もたくさんありますね。世界の宝物がたくさん詰まったウッフィツイ美術館に展示されている絵画や彫刻はその昔、メディチ家の人たちが集めたもの。今はフィレンツェ市のものとして一般公開されています。皆さんもフィレンツェに行ったらぜひお立ち寄りください!感動の嵐ですわよ~
f0038407_21553930.jpg

今日も朝はBARで。いつもフィレンツェに来たら食べている「お米」を使ったタルト。ここのお店のものは真ん中にジャムがのっていてさらに美味しさ100倍でした。カプチーノと一緒にいただきました。2.7ユーロ。あ~、幸せ。生きてて良かった。。。私って単純。。

さて、お腹はふくれ、お客様も観光&買い物に散っていかれました。。。
さ、ここからだ!(なにが?)。今日は歩くぞ~、フィレンツェ。まずは大好き「露店市」と「市場」からスタート!おっと、そのまえにフィレンツェの花の大聖堂『ドゥオモ』のまえを通ります~
f0038407_2201492.jpg

ピンク、みどり、黒などいろんな色の大理石を使って建てられた大聖堂。ほんとうに華やか。。
f0038407_2241232.jpg

でもわたし、この仕事を初めてまもない頃、泣きそうになりながら大聖堂の前を走り回ったことがあります。なぜ?→お客さんを連れてバスを降りたはいいが、夕食のレストランの場所がわからなかったから。ジェラート屋のおっちゃんや、他のレストランのおじちゃんたちに聞いてやっと見つけたときの感動。。。ああ、みんなありがとうっ!!
f0038407_2285035.jpg

そのときを思い出しながら、「ジェラート」をいただきました。今日のフレーバーは緑色が「ピスタチオ」、茶色っぽいのが「」!おいちーっ!

それにしても、この時期。わたしににとっては誘惑が多すぎる。。。↓
f0038407_22102239.jpg

えっ、50%off?
f0038407_22115378.jpg

こっちのバッグもいいなあ~
f0038407_22121538.jpg

Max&Co.、お前もか。。。
f0038407_22144236.jpg

老舗のお菓子屋さんはこんな可愛いパッケージに手作りのお菓子を入れてくれるのです。フィレンツェらしいお土産ですね。胸キュン。

おっと、見えてきたぞ~露店市。大聖堂から10分くらいで到着~
f0038407_2304080.jpg

お~、賑わっているな。
フィレンツェは皮製品が有名。あの有名な○ェラガモの本店もここフィレンツェ。でもわざわざ高いお店に行かなくてもこんな露店市でも素敵なかばんやお財布が手に入るんです。ここで買った牛革のパスポートホルダーは今もお気に入り。

そんな露店市をひやかしながら歩いていくと見えてきた来た、『市場』。その市場に入るまえにいつもの腹ごしらえ。ここでは必ず食べなければいけないものがありますっ、それは..↓
f0038407_22204186.jpg

じゃじゃ~ん、「モツ煮込み」!2.3ユーロなり~
お姉ちゃん2人が市場の入り口そばの屋台で売ってます。これ、臭みがなくて本当においしいの。ぱっぱっと包丁で細かく切ってくれて上にピリ辛唐辛子ペーストと緑の野菜を刻んだものをのせて渡してくれます。食べ始めたら体がぽかぽかしてきたぞ。市場入り口でモツ煮込みを食べる東洋人の不審な女ひとり。。。それは私。でもほんまにおいしかった。イタリア人は赤ワインと一緒に食べたりしてますよ。
f0038407_22262050.jpg

商売繁盛、もつ煮込みに幸あれ!

さ、お腹もほどよくふくれたので、これから市場に入りまーす!おもしろいよ~フィレンツェの市場。月曜日から土曜日まで毎日朝の7時過ぎから夕方5時ごろまで開いてます。ツアーでは行かないので、こっそり行ってみてちょ。
f0038407_22283336.jpg

新鮮な野菜果物がいっぱい。もちろん一つ一つ手にとって匂いをかいだり、重さを確かめて買います。
f0038407_22292019.jpg

シチリア産のドライトマト。プチトマトを干したのってめずらしい。味見したらすごーく甘くておいしかったでーす
f0038407_22304151.jpg

お肉もおいしそうだったなあ~、生ハムも種類がたくさん!
f0038407_22313699.jpg

ズッキーニのお花。ひき肉を詰めてフライにして食べるとおいしいんやって!
f0038407_22322672.jpg

うわ~、これはイタリアの「マツタケ」、『フンギ・ポルチーニ』!!炊き込みご飯にしてもおいしいし、パスタ料理にも、ステーキにのせても美味しい。とおーってもいい香りがぷんぷん。
f0038407_2234524.jpg

でっかーいパルミジャーノチーズ。ごしごしすりおろして食べたり、薄ーく切ってサラダに散らしても。
f0038407_22352213.jpg

お菓子やさん。市場の中にもBARがあって、おじいちゃん達がもそもそお話を楽しんでいました。

今日買ったものは「ドライトマト」と年末から今年はじめにかけて絞られた新しい「オリーブオイルの缶入り」。軽いものと重いもの、微妙にバランスとってます。。

よく歩いた後は、エスプレッソでも飲んで休憩。。。シニョーリア広場ではこんなシールを買いました↓
f0038407_2238564.jpg

知る人ぞ知る、ピノキオの話を書いたのはイタリア人、コローディさん。だからピノキオグッズが多いのさ、イタリア。自転車に貼ろおーっと!
f0038407_22441636.jpg

アルノ河にかかる有名な『ポンテベッキオ』(ベッキオ橋)。ずらずらずら~っと金銀細工のお店がならんでいます。ひとつうう~わたしにくださいなあ~♪
f0038407_22455012.jpg

シニョーリア広場近くにある美味しい手作りジェラート屋さんに再び立ち寄るわた
し。。。

よし、ここで本日のメインイベント!『ジョットの鐘楼』に登りにいくわよ!階段オンリー、その数400段以上!人生は挑戦だ!行くわよ~っ!
さすがにオリーブオイルは持って上がるのは重いので受付のおねえさんに頼んで預かってもらいました。6ユーロ払って、いざスタート~
f0038407_22482477.jpg

ひたすら続く階段。。。また階段。。。

何年か前に上った大聖堂は外が全く見えずに、それこそ修行僧のようにぐるぐると歩き続けた記憶があるけれど、ここ鐘楼はまだ外が見えるだけまし。ましだけれど、階段が急!あと10段階段が多かったらわたし確実に心臓が止まっていたかも。。。ぜーぜー...でも1番上から眺める景色は最高でした~
f0038407_22521117.jpg

大聖堂が目の前。「冷静と情熱のなんとか...」か?
f0038407_22523964.jpg

みなさーん、「ボンジョールノオオオオ~ッ」

気が付けばそろそろ日が傾いてきていました。冬は日没が早いからちょっと大変。そしてまた私はお腹がすく。。。で、知る人ぞ知る、街角のおいしい露店?でワインパニーニ(イタリア風のサンドイッチ)の夕食↓
f0038407_22545368.jpg

ここは何年か前にプライベート一人旅でフィレンツエに来た時に見つけたお店。広場のすぐ近くにあって、間口がわずか1.5メートルくらいしかない小さい店。おにいちゃんが2人で切り盛りしています。ここのお店のいいところは、おいしいワインがたったの90セント!言えばキャンティモンテプルチアーノも2~3ユーロくらいで飲ませてくれるんです。そしてパニーニには好きな中身を挟んでくれるのも嬉しいところ。
わたしはドライトマトペコリーノチーズのパニーニにしました。パンもちゃんと温めてくれている心遣いがうれしい~^^

そんなこんなであっという間にフィレンツェの休日は過ぎていきました。フィレンツェは私の実家のある京都姉妹都市。古い町並みや職人さんが多く活躍しているということも、何となく似ている気がします。あと歩いてどこでもいけるし。楽しかったなあ~、また来たいなあ~。今度は河の向こうの「ボボリ庭園」にも行ってみたいな~。
さ、明日はいよいよ永遠の都『ローマ』へ。トレビの泉でコインを投げようっと。
[PR]
by isaisa0108 | 2007-01-18 20:51 | イタリア